« kurkku | トップページ | アントス社訪問 »

2006年6月26日 (月)

富里スイカロードレースとイタリアへ

昨日またまたマラソン大会に出場してまいりました。

千葉県の富里市が主催する、参加者1万3千人を超す日本最大のマラソン大会です。

10年ぐらい前に一度出た時はまだまだローカル色の強い雰囲気でしたが、いつの間にか日本一の参加者数の大規模な大会になっていました。

この大会が面白いのが、富里市がスイカの産地であることからたくさんのスイカが振舞われることです。

コースには給水ならぬ、「給スイカ所」があったりもします。

今回走りながら考えていたことは、最近読み終わった司馬遼太郎の「坂之上の雲」に出てきた人物像など。

そしてふと頭に浮かんだのは、個性の伸ばし方についてです。

歴史に名を刻んだ有名人は多いですが、いくらかは非常に個性的であったりふつうとは違った貴種であったと思います。

何か一つのことに優れる一方、寄行癖があった人はよく歴史の本に登場します。

現代では、学校やその後の社会でも、それぞれの個性や得意なところを認めて伸ばすというよりは、でこぼこの「ぼこ」を無くすことに注力する平均点主義や減点主義、他の人の評価を気にすることなども多いようですが、社会的生活が出来る状況になれば、多少の「ぼこ」はあってもその人の個性を認め、その人にとって得意なところ、良いところをどんどん伸ばしていくことが個人にとっても社会にとっても重要であると常々考えています。

社会的に問題のないレベルまでいけば、出来ないところを平均点に伸ばすことを強要して、出来るところをつぶしたり勇気ややる気をスポイルするより、出来るところ・良い個性を認めてとことんまで伸ばしてほしい、僕自身は自分の子供にはそうなってほしい、またそういう教育もありなのではないか。。

なんてことを考えながら走っていました。

今回も10キロコースで後半は案の定グロッキー状態でしたが、最後の1キロのところにある「給スイカ所」で食べたあのスイカ!

うまぁぁぁぁい!

ご当地で、旬のものを汗かきながらほうばる、こういうグルメもありですね。
最高のスイカでした。

レース後もたくさんのスイカを食べさせてもらえます。
是非来年皆さまもご参加を。

こんなスイカなかなかないですよ!

それと、明日から約10日間イタリア現地に赴きます。

ラベンダーの収穫が真っ盛りの時期です。

基礎化粧品の開発も佳境です。

また現地情報をお届けしたいと思います!

« kurkku | トップページ | アントス社訪問 »

コメント

こんにちは。
マラソン楽しまれたようですね〜。富里スイカ、という箱などは見たことありますが、
どこにあるのか知りませんでした(^^; どっちかというと成田の近くなんですね。

>社会的に問題のないレベルまでいけば、出来ないところを平均点に
>伸ばすことを強要して、出来るところをつぶしたり勇気ややる気を
>スポイルするより、出来るところ・良い個性を認めてとことんまで
>伸ばしてほしい

えっと、シュタイナーはそういう教育かな、という理解でおりますが、
いかがでしょうか・・違うかな。私もあまり理解してるとは言い難いのですが。

ピエモンテ行き、いいですね!!今、仕事の都合で机にかじりついてますので
余計にそう思います。道中お気をつけて。よい旅になりますよう!

私の田舎は千葉です。
富里ではないけれど、千葉のすいかは本当に美味しいですよ!

テッシーさんは、なんにでも挑戦されるところがかっこいいですねえ。尊敬。

イタリア、お気をつけて。
報告、待ってますよ~!

tanquerayさん
ありがとうございます!
シュタイナー教育についてもう少し勉強してみます。もともと彼は障がい者教育から入った人なので面白いと思います。

yukihiyoさん
ぜひ来年はご参加を!
昨夜イタリアに着きました。
こちらは、もう真夏です。

こんにちは。
Agronaturaの基礎化粧品、心待ちにしています。
個人的にはガラス瓶の素敵なものがあったらいいな~と、、思います。
いろいろとご多忙と思いますが、頑張ってくださいね!

REUNGさん
基礎化粧品は全てガラス製のよい感じのデザインになりそうです。
ぜひお楽しみに!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« kurkku | トップページ | アントス社訪問 »

無料ブログはココログ