« 読書バカ参上!! | トップページ | ナチュラル・オーガニック関連製品のマーケティング・販売のポイント »

2007年10月 4日 (木)

「ルイ・ヴィトンの法則」

ラグジュアリーブランドの一大帝国を築いたLVMHについての本。
 
 
世界最強のそのグループがとる戦略の法則が紹介されています。
 

Dsc02893


  
なるほどと思った法則


・クリエーションはプロダクトアウトの法則
~一般の製品のようにニーズを調査してそれに基づいた製品を作ってはファッションとしては後手になる。トレンドセッターでなければ輝けないから、ニーズ以前の気分や風潮を嗅ぎ取って時代の先端を走らなくてはならない。

 
・パブリシティ重視の法則
~「広告費をお支払いして載せていただいた」よりも「記事にしたいとプロポーズされたので取材を受けた」と見られたほうがより消費者を惹きつける。ニュースを作り出しパブリシティでの露出を最大化する。パブリシティはたまたまの結果論ではなくマネジメントの成果である。
 

・ミューズの法則
~ブランドを気に入ってくれている有名人(ミューズ=女神)、それも時の人を起用する。ミューズには最高の有名人を使う。しかし特定の人だけをミューズにしない。


・ド派手パーティーの法則
~ここぞというときに最大限の効果をえるプロモーションを仕掛ける。緻密な計算によるプロモーションにより、様々な媒体にニュースとして取り上げられ、同じ費用で直接広告するよりはるかに上回る広告効果が得られる。予算が少ないからといってこじんまりしたプロモーションでは意味がない。

 
・セカンドライン禁止の法則
~ディフージョンライン(普及・廉価版)は作らない。欧州の歴史的蓄積や大量生産よりも伝統のクラフトマンシップを優先させるブランドはマスの需要を無視してでも、上得意との関係とブランドの価値、継続を守る戦略をとる。短期回収型の下方伸張をしないことで得られる価値は大きい。
 
 
・歴史を重んじる法則
~ブランドの意思と驚き、歴史的ストーリーは顧客を魅了する。




外部には分からない緻密な計画と挑戦、はたまたなんとなくやってきた事などたくさんあると思いますが、結果的にはすごいことになっているグループです。
 
   
マルチブランドのマネジメントについては特に参考になる本と思いました。

 

« 読書バカ参上!! | トップページ | ナチュラル・オーガニック関連製品のマーケティング・販売のポイント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書バカ参上!! | トップページ | ナチュラル・オーガニック関連製品のマーケティング・販売のポイント »

無料ブログはココログ