« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年2月の4件の記事

2008年2月27日 (水)

スピック&スパンFRAMeWORK季刊誌 “murmur magazine”(マーマーマガジン)創刊 世界自然美容法研究会

   
スピック&スパンFRAMeWORK季刊誌 “murmur magazine”(マーマーマガジン)創刊準備号が2月20日に創刊されました。
 

http://murmur.frame-works.co.jp/

http://www.frame-works.co.jp/frame/info/i025.html



Pre_top
    
 
スピック&スパンFRAMeWORKさんはアグロナチュラの立ち上げ時に、無名のブランドにも関わらずコラボ商品等を作っていただいたり大変お世話になりました。

編集長のHさんにもいつも大変お世話になっております。
 
 
 
この季刊誌の中で、「BEAUTY JOURNAL 世界自然美容法研究会」というコラムを書かせていただきました。
   
Dsc04377


第一回目はイタリアのマンマに伺った、お家でも簡単にできる、昔から伝わるハチミツとフルーツなどを用いた肌の活性化やアンチエイジングについてご紹介しています。
   
4月の創刊号からも、古来より世界中に伝わる自然美容法を研究してご紹介していこうと思います。


ご興味ある方はぜひご覧ください。


お求めは、全国のフレームワークのショップにて。
http://www.baycrews.co.jp/shopguide/brand/framework/

 
 

2008年2月22日 (金)

WWDビューティー2月22日号IN FOCUS 地球に効くコスメを考える

 
WWDビューティー2月22日オーガニック・自然化粧品特集号「IN FOCUS 地球に効くコスメを考える」のP8~P10、「オーガニックをキーワードに探る、次なる可能性とは」の座談会にコメンテイターとして出ております。
 
 
ご興味のある方はぜひご覧ください。



http://www.infaspub.co.jp/beauty/backnumber/2008/080222.html


 

 Dsc03774_2

 
Dsc03775

Dsc03776
 



 
 

2008年2月 6日 (水)

「フリーエージェント時代の到来」

 
以前に薦められて購入し、つん読になっていた本。
   
7年前にアメリカで出された本ですが、未だ新鮮な印象を受ける内容でした。
                     
417ppbbp61l
         
~「知識労働者は再び生産手段を手にするようになった」

   
タイムマシンに乗ってトーマス・ジェファーソンが最初の国税調査を行った1790年のアメリカに戻ってみよう。
 
職人や農民、零細な商人が大勢いる。大半の人にとって大組織など不要であった。産業革命が起こるまでは生計を立てるのに必要な道具類のほとんどは安価で手に入れることが出来たし、巨大なものではないので自宅に置いておけた。
 
しかし産業革命後は、こうした道具類は個人では手が出ないぐらいに高価になり、一人で操作するには複雑になり、家に置くには無理なほど大型になった。(蹄鉄はハンマーで自宅倉庫で作れるが、T型フォードはそうはいかない)。
 
こうした変化の結果、職場は巨大な道具倉庫のような性格を持つようになった。
管理者は決まった時間になると道具倉庫を開け、労働者が皆で一緒に道具をきちんと使うように見張り、時間になると倉庫を閉めて労働者を家に返す。
それまで一体であった資本と労働が分離したのだ。資本家が道具を所有し、労働者は巨大な機械が生み出す莫大な利益から少ない分け前を受け取るようになった。
  
しかし、状況は再び産業革命前に戻ろうとしている。知識経済の生産手段は小型で安価、操作も容易であまねく普及している。
コンピューターが安価になり、携帯型の端末が普及し、どこにいても地球規模のネットワークに接続できるようになったおかげで、労働者は再び生産手段を手にすることが出来るようになったのだ。~
 
 
 
パソコンとインターネットの普及で、第2の産業革命といわれるぐらい大きな変化がビジネス界に起きていると思います。
仕事の内容にもよりますが、地方の会社では都会に店を出さなくても現地からインターネットで商品を販売できる、海外ビジネスでは高価なテレックスが不要になり各個人がどこにいても自分のパソコンで世界の人とメールや電話ができる、など以前に比べて小さな資本や個人の努力で事業が行える環境になってきています。
  
 
また、組織がもつ弊害も少しづつ減ってくるのではないかと思います。
 
振り返れば自分も大企業に始まり中小企業、最後は数十人の小さな会社と企業に10数年おりましたが、小さくなればなるほど、仕事・成果の割りに人数が多いこと、大組織的思考による物事の進まなさ、形骸化朝礼、移動も含めて時間を使う休日全社員会議などが存在し、知的労働生産性の低下とストレスを感じました。
  
知的作業のインプットアウトプットは、集まって顔を合わせて話す重要な局面は別として、パソコンとインターネットで大半の部分をカバーできます。
今後は、各個人が各自の生産手段を活用しプロフェッショナルとして有機的に関与していくような関係性や場が生まれていくことで、企業組織のあり方も変わってくると思います。
 
  
ボブ・ディランの「成功したと言えるのは、朝起きて、自分のやりたいことをやれる人だ」という言葉が出ていました。
     
確かにそうかなと思いました。

 
 
 
 

2008年2月 4日 (月)

メゾン・エ・オブジェ

  
先日開催されたパリのインテリア関連展示会「メゾン・エ・オブジェ2008」には、多くのオーガニックボディケア製品が出品されていました。
 
 Dsc03715
 
よくインテリアショップにある、「SAVON DE MARSEILLE」も日本で6月からエコサート認定のオーガニックラインを発売するそうです。
 

プランタンやギャラリ・ラファイエなどの百貨店にも、昨年の夏よりブランドが確実に増えてきていました。
 
 
オーガニック化粧品は以前のようにヒッピー系がほとんどというわけではなくなって、洗練されたものが増えてきました。「お洒落だけどオーガニック」というコンセプトはもう当たり前となってしまってきています。

また、一部のニッチマーケットではなく、大きな市場にもなりつつあり新規参入も含め競争環境は厳しくなると思います。

 
新規ブランドや生き残りには、より強烈なコンセプトや存在感が必要になってくると思いました。
 
 
Dsc03674
 
スーパーのトイレタリーコーナーでは「FLORAME(フローラム)」が1リットル8ユーロ台で販売されています。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

無料ブログはココログ