« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月の3件の記事

2008年10月10日 (金)

BioFachジャパン ガイドブック 「日本市場におけるオーガニック・ナチュラル関連製品マーケティングのポイント」

  
 
BioFachジャパン ガイドブックに、
「日本市場におけるオーガニック・ナチュラル関連製品マーケティングのポイント」
という記事を寄稿しています。

http://www.biofach.jp/index.php
   
 
 
オーガニック・ナチュラル関連製品を販売したいと考える、製造業者、生産者、輸入業者の方を対象にした、少ない投資で行える簡単で実践的な取り組みのポイントについて述べています。


・売れる仕組みつくりのフレームワークとは
・ターゲットは具体的に
・事業領域・製品コンセプトのまとめ方
・販売チャネル構築のポイント
・プロモーションについてのポイント

など



Bio


 
 
 
Photo_2


 

ご興味のある方は是非ご覧ください。


  

2008年10月 9日 (木)

最近のオーガニック・ナチュラル化粧品

 
  
最近いただいた、また購入したアイテムです。



10月から発売になるオリジンズオーガニクスやドゥーオーガニック、日本では未発売ですがラ・カンパニー ドプロバンスのオーガニックラインなど大手ブランドの製品にもオーガニック認定製品が増えてきております。
 

Photo_4
   
 
(ロクシタンのラベンダーボディクリームは日本ではなぜかエコサート認定無しですが、海外では認定つきで販売されています。パリにて購入。)

 
Photo_5

 
  
その他、日本再上陸のキールズ、ジュリークハーバルリカバリージェル、アポディアプロポリスバーム、ヴェレダジャパンモイスチャーローション、HKミストリフレッシャー、クレコスエッセンスミルク、10月より発売のミレニアムマザーボディクリーム・リップバーム・ボディウォッシュなど。
 

Photo_6

 

アメリカや香港などで購入したもの、各ブランドの会社の方からサンプルをいただいたものなどがあります。




毎日少しずつ使用していますが、どれもとてもよく出来た製品です。


また使用感などをご紹介できればと思います。


 



 

2008年10月 6日 (月)

横浜市 障害者雇用企業を入札で優遇する制度を導入

  
 
本日の新聞に、横浜市が来年度から国が定める障害者雇用率(1.8%以上)を満たす企業に対し、市発注事業の入札参加評価点に別途加点する新制度を導入するとの記事がありました。



Photo_3



法律で56人以上の会社は、常用雇用労働者数の1.8%以上の身体障害者又は知的障害者を雇用しなければならないと定められています。

そして、1.8%未達成の場合は、不足する障害者数に応じて1人につき月額5万円のお金を納付しなければならないことになっています。(現状300人以下の会社に減免措置あり)

 

     
神奈川県内の民間企業で、国が定める法定障害者雇用率を達成しているは、約40%とのこと。



 

雇用の現場において様々な課題は多いと思いますが、行政がこのような制度を導入することで、この豊かな日本において働く場がなく自立して生活していくことの出来ない多くのハンディキャップを持つ方々の生活が変わっていく機会になれば素晴らしいことと思います。
 


また、日本の多くの人達が、エコや地球環境保護、世界の貧困救済など壮大なテーマに目を向けている今、我々が生活するこの日本という地元地域にも困っている現状があるということを、少しでも知るきっかけにもなれば良いなと思いました。



企業の社会貢献活動としても、障害者の場合は法定雇用率以下のお金の納付、その他はチャリティー団体への寄付など、お金を渡すだけでの話ではなくて企業自体の具体的な行動が求められてきていると思います。








 

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

無料ブログはココログ