« 震災後の東北へ | トップページ | 東北復興中長期支援のためにDiscussion Table #1に参加いたします »

2011年5月14日 (土)

She with Shaplaneer この週末伊勢丹新宿店にお寄りください!

    
5月9日月曜日に伊勢丹新宿店本館2階ビューティアポセカリーからデビューしました、
フェアトレードのアーユルヴェーダ石けんブランド「She with Shaplaneer(シー ウィズ シャプラニール)」。

多くの方のお力により好調な立ち上がりで、発売日の5月9日月曜日でなんと68個販売、昨日までの4日間ですでに400個を超えたと聞いています!


そこでさらに、このブランドのお知り合いやご友人へのご紹介と、みなさまにお店にお立ち寄りいただき、伊勢丹での初回輸入数各300個(計2,400個)の完売、売り場での売上金額・個数ナンバーワンとなるデビューにお力をいただけましたら幸いです!!!

5月17日(火)まで、レジ横のスペースで展示されていて、ディスプレイはセルザチャレンジのメンバーのインテリアデザイナー阿部臣吾君によるもので美しい仕上がり。

この週末はシャプラニールの職員の方も売り場に立ってご説明いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

5/14(土)13:00~18:00 阿部さん(プロジェクトメンバー)
5/15(日)13:00~18:00 植田さん(プロジェクトマネージャー)
5/17(火)17:00~20:00 植田さん(プロジェクトマネージャー)

1
2
3


今日までの人気アイテムは、バングラデシュのマイメイシンシリーズのフェイスソープとボディソープです。

アーユルヴェーダ処方に基づき、ベンガルハニーをたっぷりとまた東洋ハーブをふんだんに用いてコールドプロセス製法にて3か月かけて丁寧に熟成させた保湿力の高いナチュラルソープが、透き通るような美肌に導きます。

ぜひプレゼントやご自分用にお買い上げいただけますようお願い申し上げます。


シー ウィズ シャプラニール

ホームページ
http://www.shaplaneer.org/she/index.html

ブログ
http://ameblo.jp/she-with-shaplaneer/

フェイスブック
http://www.facebook.com/pages/She-with-Shaplaneer/205568986141757

ツィッター
http://twitter.com/#!/She_soaps


これは、約1年前から障がい者および弱者の支援ボランティア活動を行う「セルザチャレンジ」のプロジェクトでお手伝いさせていただいていました、ネパール・バングラデシュの様々な事情から貧困状態にある女性がつくるハンドメイドソープです。

日本最古の国際NGOで80年代にフェアトレードを日本で初めて行った団体であるシャプラニールさんよりお声掛けをいただいて、昨年秋に現地に入りボランティアプロジェクトを進めてきました。

様々な事情から貧困状態を強いられ、子供のため、家族のためにセックスワークなどをせざるを得なかった、ネパール・バングラデシュの女性を救うプロジェクト。国連計画や政府なども関与する大きな取組で、今回はJETROの助成も受けています。

セルザチャレンジとして、ブランドプロデュースを手島、デザインは峯崎ノリテル君、PRを五十嵐洋君が担当しました。

Sell The Challenge
https://sites.google.com/site/sellthechallengejapan/
http://sellthechallenge.blogspot.com/


現地に数千年前から伝わるアーユルヴェーダの美容レシピとヒマラヤ・ベンガルハニーや東洋ハーブをたっぷり用いた、完全無添加のナチュラルソープです。フェイス、ボディ、ヘア、ベビーの4種、ネパールとバングラデシュのラインがあり計8アイテム。

価格は、1,050円~1,260円です。

貧困国のものですが、日本の品質まで高めるように石けん生産の技術協力として太陽油脂(株)や、品質チェック・分析にブルーム(株)などの実績の高い会社の協力も得て、スキンケアのためのナチュラルソープとして、品質も美容効果も追及した製品にできました。


このシー ソープの売り上げは、直接的な寄付として、南アジアの女性や子供の支援および現在東日本大震災救援活動を現地で展開している、特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会の活動に役立てられます。
http://www.shaplaneer.org/


この取り組みに皆様のお力添えをいただけましたら幸いです。


どうぞよろしくお願い申し上げます!

« 震災後の東北へ | トップページ | 東北復興中長期支援のためにDiscussion Table #1に参加いたします »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 震災後の東北へ | トップページ | 東北復興中長期支援のためにDiscussion Table #1に参加いたします »

無料ブログはココログ