« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の7件の記事

2011年11月25日 (金)

フェアトレード石けん 生産者講演会 「未来を灯す石けんづくり」

12月11日午後、ネパール・バングラデシュより「She with Shaplaneer」の生産者を日本にお招きして、講演会を行います。

「She」たちの石けんづくりへの想いや、暮らしの変化などについてお話してもらいます。

住む環境も、経済的な背景も全く違う国からやってくる、友人の話を直接聞ける機会。この日本に住む、私たちにとって忘れかけている大切なことを気づかせてくれる、そんなひとときになると思います。

場所は、東京三田のSHIBAURA HOUSE。

参加費は無料で、クリスマスプレゼントつき!先着75名。

自分も少しだけお話しいたします。
  
ご興味のある方はぜひご参加ください。

0001_4 0002_3  

世界の最貧国であるネパール・バングラデシュ
 
  
夫のドラッグ、ギャンブル、DV、家出、借金、レイプ・・・・
 
   

さまざまな事情から、仕事がなく、政府の支援などもなく、生きるために一家離散や売春をせざるを得なかった弱き女性たちが、苦難を乗り越えた末に新しい仕事としてアーユルヴェーダソープ作りを始めました。
 
  
She with Shaplaneer(Sheソープ)は、家族のため、子どもの未来のために懸命に強く生きる彼女たちを応援する、フェアトレードのナチュラルソープです。



2011年11月15日 (火)

雑誌セラピスト12月号 プロが見る!日本のオーガニックコスメ事情

雑誌「セラピスト」12月号P33に、の「プロが見る!日本のオーガニックコスメ事情」としてコメントが掲載されています。

S S_2
セラピストは、アロマテラピー、カウンセリングと自然療法の専門誌です。

ご興味のある方は是非ご覧ください。

 
   

週刊粧業 オーガニック化粧品認証について


化粧品業界紙「週刊粧業」11月7日号の「化粧品のオーガニック認証制度特集」にて、コメントを寄せています。

S_3
S_4

週刊粧業は、歴史ある化粧品業界紙です。

ご興味のある方は是非ご覧ください。

 

2011年11月 9日 (水)

オーガニックコスメの今後のトレンドと国産ブランドの作り方

  
ビオファジャパン・オーガニックEXPOの公式ガイドブックに、「オーガニックコスメの今後のトレンドと国産ブランドの作り方」という文章を寄稿しています。

・飽和する日本のオーガニックコスメ市場
・イノヴェーターからマスへ
・新しいトレンド
・国産でオーガニックコスメが少ない理由
・日本でオーガニック化粧品の認証制度ができない理由
・国産オーガニックコスメの先駆的取り組み
・日本のメーカーがオーガニックコスメブランドを作るには
  
ご興味のある方は是非ご覧ください。
    
  S_3 S_4

クレアボー連載「オーガニックをサロンづくりに活かす」第2回

     
雑誌「クレアボー」の連載「オーガニックをサロンづくりに活かす」第2回目は、恵比寿のヴェレダ ナチュラルケア スタジオEBISUを取材してきました。
     68 S_5
     
ご興味のある方は是非お読みください。

クレアボーは、ビューティーサイエンス&エステティックサイエンスに裏付けされた情報を発信し、化粧品、エステティック、スパなどの美容業界を常にリードしている専門誌です。

ご購入・ご購読は以下で。
http://www.fragrance-j.co.jp/magazine/creabeaux.html
http://www.fragrance-j.co.jp/bookstore.html
 
   

2011年11月 8日 (火)

株式会社研進と社会福祉法人進和学園

今日は、平塚市の株式会社研進と社会福祉法人進和学園に伺いました。
   
  
  
昭和33年に地域の知的障がい児のために施設は始まり、その後本田技研の製造部門の一翼を担う障がい者の働く施設となっています。

今日本当に驚き、感動したのは日本の利益を稼ぎ出している主力産業、自動車の生産の一部を障がい者が特別扱いではなく行ってきていること。非常に高い品質で重要な部品を作り、車の製造、輸出産業の一部を担っています。世界の日本の車を作っている現場を見ました。嬉しいです。

日本の自動車メーカーで、このような障がい者による生産ラインを持っているのはホンダだけであったとのこと。ホンダは、特別枠ではなく精度の高さで購買し、そのような社会的な取り組みを公表しない会社とのことですが、いたく感動しました。ホンダのファンになりました。
  
  
働く皆様の熱心なまなざしに感動しました。また、出縄社長をはじめ職員のみなさまの熱意にも心打たれました。こちらでは今、植樹用どんぐり苗の販売やフェアトレードコーヒー、紅茶、ペット用クッキーなど様々な取り組みをされています。新しい取り組みも面白いものが多く、今日は大変勉強になりました。

http://www.kenshin-c.co.jp/index


378943_251709051544281_211681307_n

外務省主催NGO研究会「フェアトレードを通じた国際協力」セミナー

    
11
15日、広尾のJICA地球広場で行われる無料セミナー、外務省主催NGO研究会「フェアトレードを通じた国際協力 他セクターとの連携によるフェアトレード」にて「She with ShaplaNeer」の事例紹介を行います。

特定非営利活動法人ACE(エース)さんの開催で、国際NGOシャプラニールさん、太陽油脂株式会社さんと共に、セルザチャレンジとしての事例発表をいたします。

内容は、協働の経緯、国際NGOがフェアトレード製品にてビジネスを行うことへの課題。フェアトレードショップ以外の一般流通への展開を目指す化粧品ブランドとしてどのように立ち上げるのか。途上国および生産技術の未熟な生産者による製品を世界中の化粧品と同じ売り場で展開することへの課題。・・などをお話しします。
   
無料セミナーなので、ご興味のある方はぜひお申し込みください!
  
(締切は13日まで。30名定員)

http://acejapan.org/modules/bulletin/print.php?storyid=286

Print0001

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

無料ブログはココログ