« 2.個性を活かすマーケティング入門 ①超シンプルなマーケティング戦略策定のフレームワーク | トップページ | 2.個性を活かすマーケティング入門 ③彼を知り己を知れば百戦危うからず »

2012年8月14日 (火)

2.個性を活かすマーケティング入門 ②作る・売る・伝える、すべてはつながっている

「社会的弱者による製品づくりに学ぶ、世界でオンリーワンになるためのマーケティングと経営」
~弱みを強みに転じる生き残り方~

2.個性を活かすマーケティング入門


②作る・売る・伝える、すべてはつながっている

よく福祉の現場や企業でも以下のようなことを聞く機会があります。

「販路さえあればうまくいくのに」

「製品は開発して出来上がっているがどこにどう営業したら良いのか分からない」

「この商品誰が買ってくれるのか?」

   
よくあることですが、それぞれのマーケティング活動がバラバラになっているために起きてしまう問題です。聞き返したい質問は「それではこの製品を誰のために作っているのですか?」ということです。 誰のためでもないものは、きっと誰も要らないものでしょう。
   
すべてのマーケティング活動は前出の図のようにつながっているのです。「誰のためにどのような製品・サービスを、どのような方法で提供するのか?」それを詳細まで考えて、実行する。

それがうまく機能しないと、一部の営業を強くする、広告を強くする、製品を開発するといった個別機能の増強では全体のビジネス活動はうまくいきません。

また、事業がうまくいかないときも前述のマーケティングの図を見て原因を考えます。全体戦略や取り組みの中で何が足りないのか、どうしたらうまくいくのかの対策を練るのです。くれぐれもシンプルな図で示したように、全てのマーケティング活動は「有機的につながっている」ことを肝に銘じてください。

マーケティングに関連する仕事をしている自分自身の事業会社でのキャリアもこのチャートに中に当てはまります。キャリアのスタートは、「プロモーション戦略」の一機能である「人的販売」、つまり営業の仕事です。その後商品の仕入れ担当者となり、「プロダクト・製品戦略」や「プライス・価格戦略」に携わり、その後ブランドの立ち上げで、販促や広告も含めた「プロモーション戦略」全体、また「チャネル・流通戦略」に取り組んだ経験をしました。多分多くの方がこのマーケティングのフレームワークの中の特定部分を中心に担当していると思います。
    
すべては、目標を決めて、大局的なビジネス全体を見据えた上で各戦術を実行することに成功の確率が高まります。 そしてみなさまの日々行う「営業」や、「調査」、「広報・広告」、「商品企画」、「お客様対応」などはマーケティング活動の一部であり、バラバラに行われるべきではなく大きなマーケティング戦略に基づいて繰り出されるべき一手、そして各自が行うべき活動は全体戦略に合った活動であるべきなのです。それらの戦略を関係者全員で共有して行くことも大切です。

よって何の計画もなく出来るものをつくった後に、売先があれば売れるのに、どんな人が買うかわからない、といったことは本末転倒な話です。

そうなると、「販路さえあれば売れるのに」、「どんな販路が良いのか?」、「どんな雑誌に載せればいいのか?」、「価格はいくらにしたらいいか?」、「どんなデザインがいいのか?」「製品コピーのフォントの大きさはどうしよう?」などということが、後から出てくることはありません。
すべては「ターゲットとするお客様が喜ぶことを選ぶ」という答えです。
            
誰のために作って、伝えて、買いやすいように提供するという戦略を立て、個々の事が全体としてつながってこそビジネスはうまくいくのです。


つづく

記事一覧(こちらのページの下に、記事の一覧があります。そちらから続きをご覧ください)
http://trife.cocolog-nifty.com/blog/cat50620524/index.html

« 2.個性を活かすマーケティング入門 ①超シンプルなマーケティング戦略策定のフレームワーク | トップページ | 2.個性を活かすマーケティング入門 ③彼を知り己を知れば百戦危うからず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2.個性を活かすマーケティング入門 ①超シンプルなマーケティング戦略策定のフレームワーク | トップページ | 2.個性を活かすマーケティング入門 ③彼を知り己を知れば百戦危うからず »

無料ブログはココログ