« 3.事業を成功に導くには ⑤戦略や知識を身につけた上でその先にあるもの | トップページ | 3.事業を成功に導くには ⑦共感者のみがお客さま 共感を得られるお客さまを探す »

2012年8月15日 (水)

3.事業を成功に導くには ⑥人生はや事業は自分で決めるものではなく、人が決めるもの

「社会的弱者による製品づくりに学ぶ、世界でオンリーワンになるためのマーケティングと経営」
~弱みを強みに転じる生き残り方~

3.事業を成功に導くには

  
⑥人生はや事業は自分で決めるものではなく、人が決めるもの

よく「自分はどうするべきか」、「この事業はやるべきか」などと頭を悩ませ行き詰ることもあると思います。そして自分の人生や事業は自分で決めるものと思っている方も多いと思います。自分自身もそう思ってきました。
   
しかしそれは少し違うことと最近気づきました。実は「自分の人生は人が決めること」なのです。以前に夢を手帳に書いて全て得られたことも全て人から与えられたものでした。

これは、何も自ら決められず自暴自棄になれというのではありません。
自らの夢を持ちベストを尽くした上で、その先は自分の意思や希望を超えた外部の環境が進路を決めていくということです。

自分がやりたいことがあっても外部環境がそれを許さなければ出来ません。受験、就職活動、昇進、転職、独立、新規事業、経営など。

自分自身も努力は重ねてきましたが、多くのことは外部から転機をもたらされ、人に導かれ進んできました。様々な取り組みや事業、製品開発は、偶然の出来事から、また多くの方にお声をかけていただき、自分では気づかないような「新しい世界」に進んできたのです。  

今まで手掛けてきた事業やブランド、製品は、自分一人で開発・発明したものではなく、多くの方々のお声掛けから実現することのできたものです。また力を尽くしてもうまくいかなかった撤退事業も今から考えればとても良い経験になっています。

最高のプレゼント・チャンス・幸運のノック
   
様々な出来事が私たちに起きます。出会いや別れ、環境の変化や、難題を抱え込む、幸運が舞い込むなど。
それは「チャンス」であり、「メッセージ」であり、「進むべき道」ともいえます。それらの小さな出来事に五感をフルに使い気づいて、それを活かしていけばおのずと自分の生き方は定まってくる、道は開けてくると思います。  

もし、思い通りでない、一見不幸にも感じるような出来事があったとしてもネガティブにとらえる必要はありません。それはあなたにとって最高のプレゼント、チャンス。最適な時期に訪れた「幸運のノック」なのです。その先に開かれた未来があるのです。

自分自身はこうして、障がい者の地域における「生きる場」づくりをお手伝いさせてもらうきっかけを、障がいを持つ長男の誕生から得ました。本人には申し訳ないですが、自分自身とっては将来への大きな不安と日々の苦労を得ることになりますが、生きがいを見つけられた最高のプレゼントであると考えています。

事業もそうです。きっと真摯に日々取り組んでいれば、「幸運のノック」が訪れます。自分が自ら動いて、ある場所にたどり着きノックされるのを待っている状況かもしれません。それは、必死に職場で取り組んでいる姿を見て、誰かが声をかけてくれる時です。そこに新しい製品やサービス、取り組みが生まれることになります。
   
一所懸命に日々努力を重ねていれば、実は人があなたを進むべき道に導いてくれることになるのです。どんな事業を行ったらよいか悩むとき、どんな人生を送ったらよいか悩むとき、人が自分の道を決め、開かれていきます。

 
つづく

« 3.事業を成功に導くには ⑤戦略や知識を身につけた上でその先にあるもの | トップページ | 3.事業を成功に導くには ⑦共感者のみがお客さま 共感を得られるお客さまを探す »

コメント

確かに、相手本位のビジネスのほうがうまくいきそうですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3.事業を成功に導くには ⑤戦略や知識を身につけた上でその先にあるもの | トップページ | 3.事業を成功に導くには ⑦共感者のみがお客さま 共感を得られるお客さまを探す »

無料ブログはココログ