« 3.事業を成功に導くには ④情熱で協力者の心を動かし事業を成功させるパワーと運気をつくる | トップページ | 3.事業を成功に導くには ⑤戦略や知識を身につけた上でその先にあるもの »

2012年8月15日 (水)

3.事業を成功に導くには ④事業へのインパクトを常に考えているか

「社会的弱者による製品づくりに学ぶ、世界でオンリーワンになるためのマーケティングと経営」
~弱みを強みに転じる生き残り方~

3.事業を成功に導くには


④事業へのインパクトを常に考えているか

日々様々な活動を行う中で、とかく「仕事のプライオリティ」を忘れがちになることがあります。そういったときは常にそれぞれのことの「事業へのインパクト」を考えて行動するべきです。

果たしてその活動が事業の成功要因になるのか、そのスイッチが事業の大きな歯車を回転させる核心を突くスイッチになるのか

例を挙げましょう。

様々なお客様に訪問して営業を行っているが、時間がなく一ヶ月に行けるお店は限られている。今月の訪問は「商圏も小さいエリアのお店に行くか、商圏も大きい売上げの大きいお店に行くか?」今ここで最も重要で、事業へのインパクトが大きいのはどちらか? 今プライオリティをもってやらないといけないことはどちらか?

新しい製品を発売するにあたり、知り合いのお店に商品を導入してもらうと、その隣にある最近注目の有名店には入らない、両方のお店からお取扱いのオファーが来た。「最終的なビジネスとしてのより大きな結果を得るには、さあどちらのお店を選ぶのか?」どちらが将来的に事業へのインパクトが大きいか?  

ある業界においては市場リーダー的トップランクのお店に製品を取り扱っていただくことが決まった。販売スタッフの皆様も製品説明会など熱心に参加してくれ、とてもやる気になっている。そうしたら同じフロアの同業種の市場フォロワー的お店からもお取扱いのオファーがあった。こちらはそれほど注目されているお店ではない。「単に店舗数を拡大するには2店舗ともに入れるべき、しかし両方で販売すればそれぞれのお店の販売スタッフさんの販売士気は下がるかも?」さてどの方法が事業へのインパクトは大きいか?  
  
などなど、日々の仕事の中でも悩ましい選択肢が出てきます。そこは冷静にどのような取り組みが最終的に事業に大きなインパクトを与え、良い結果になるのかを考えて取り組むことが大切です。
   
物事はこうあるべきとか、こうでないとダメという堅い考えを捨て、柔軟に臨機応変に対応していくことが大切となります。今自分がやるべきもっとも重要なことを意識しながら行うのです。

つづく

   

« 3.事業を成功に導くには ④情熱で協力者の心を動かし事業を成功させるパワーと運気をつくる | トップページ | 3.事業を成功に導くには ⑤戦略や知識を身につけた上でその先にあるもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3.事業を成功に導くには ④情熱で協力者の心を動かし事業を成功させるパワーと運気をつくる | トップページ | 3.事業を成功に導くには ⑤戦略や知識を身につけた上でその先にあるもの »

無料ブログはココログ