« 4.番外編 ④うまくいかないときは | トップページ | 5.実践編 さあ やってみよう! »

2012年8月16日 (木)

4.番外編 ⑤夢や目標を実現するには

 
「社会的弱者による製品づくりに学ぶ、世界でオンリーワンになるためのマーケティングと経営」~弱みを強みに転じる生き残り方~

4.番外編


⑤夢や目標を実現するには

7年ほど前に誰かに勧められて、当時ブームとなった「手帳で夢をかなえる」という内容の本をいくつか読みました。最初は興味はなかったのですが試しにやってみようと、本に書いてあるように自分の将来の目標や、なりたい姿、夢をまとめて、それを年間・月間のスケジュールにしてみました。     

夢や目標は、欲しい物から収入といったことから将来の大きな夢まで様々。それらがどの年に実現するかを書いた年表を作ります。また、本で読んだよいことや、嬉しかったこと、やりたいことを書き込み、また夢のイメージなどをビジュアル化して手帳に貼ります。

この手帳効果がすごいのが、この7年間書いたことがほぼ実現してしまうという不思議な結果となったことです。欲しいものや大きなチャンスなど自分で欲しているものが向こうからやってくるようなすごいことが起きています。これは目標を持つことがよいのか、潜在意識の重要さなのかはっきり分かりませんが、自己努力と合わせて、願っていたことが実現してしまいました。

漠然と取り組みを行いたいと夢として書いていた、社会活動や新しいブランドも実現することができ、一見不幸とも思える外部環境の偶然の出来事により、しかるべき時期に取り組めるようなったのです。

すでに実現したこともあれば、手に入ったものもあるので、毎年お正月に作成する目標は少しずつ変りますが、最終的な大きな夢に向かって着実に進んでいる気はしています。

敬愛するバンドマンである故忌野清志郎さんも、デビュー当時に将来の成功した姿を漫画に書いていたとのこと。それも「漠然としたイメージではなくて、詳細に具体的に書くことが、夢を実現できることのイメージトレーニングになる」と本で語っていました。

もし将来に夢や迷いがある人は、この手帳作りを試してみることをお勧めいたします。やりたいことがある人はそれをより具体的・計画的に、やりたいことがはっきりしない人はやりたくないことを明確にすることから。小さなことから大きなことまで、願った夢が叶います。不思議ですが本当です。
    Img_6296

つづく

« 4.番外編 ④うまくいかないときは | トップページ | 5.実践編 さあ やってみよう! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4.番外編 ④うまくいかないときは | トップページ | 5.実践編 さあ やってみよう! »

無料ブログはココログ