« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の3件の記事

2012年10月31日 (水)

福祉施設向けの障がい者の仕事づくりのセミナー

今日は郡山で、福祉施設向けの障がい者の仕事づくりのセミナー第2回目。広い福島県各地から30事業所以上が集まりました。

今回は約50名の皆様に自己紹介いただいた後、県内地域別にチームとなり、各チームでそれぞれと地域のSWOT分析やディスカッションを行いました。

福祉事業所の職員の皆様に実践的で本格的な経営戦略やマーケティング戦略の策定プロセスを経験していただきます。机上の空論やあるべき精神論、テクニックではなく、リアルなビジネスの立上げを目指しています。

同じ地域で障がい者の仕事づくりに取り組み、同じように悩む同志がいながらこうして一つのテーブルで話したりするのはとても珍しいこと。

自己紹介から始まり、地域や利用者のために活発に話し合い、チーム発表までした後の皆は来た時と全く違う、楽しそうで生き生きとしたやる気に満ちた顔つきになっていました。

今日がはじまりの日と思います。困窮する福島の施設事情ですが、このようなマインドの高い方々がいれば新しい未来は作り出せると確信しました。
    Semina

2012年10月 4日 (木)

両親との最後の旅行

今日は両親と熱川の温泉に来ています。

子供の頃は姉もいたし、青春時代は家族旅行など行きたいと思わなかったし、結婚してからは子供もいるし、こうやって3人での旅行に来ることは初めてのこと。

でもたぶんこれが両親揃っての最後の旅になりそう。

せっかくだから、自分が生まれてからの事など聞いてみよう。自分も老いて、子供に今の生きている日々のことを聞かれる時も来るのかな。

温泉も料理も宿も天気も最良の素晴らしい夜です。

すべてに感謝したい気分です。



17

2012年10月 2日 (火)

宮城県・福島県の福祉事業所向けマーケティングセミナー

日本セルプセンターと宮城セルプ協働受注センターの共催で、被災地である宮城県・福島県の福祉事業所の職員の方向けの、マーケティングセミナーを開始しました。

仙台、登米市、郡山の3か所で、9月から12月にかけてそれぞれ4回実施、計12回のセミナーとなります。

このブログに「社会的弱者による製品づくりに学ぶ、世界でオンリーワンになるためのマーケティングと経営」という記事をアップしましたが、授産製品をつくる現場の職員の方々に経営やマーケティングの基本と、具体的な取り組み事例などをご紹介して参ります。

豊橋で社会福祉法人ラ・バルカを経営している夏目さん、日本セルプセンターのコーディネーター・阿佐ヶ谷の新しい福祉製品のセレクトショップを運営している茶谷さん、とご一緒に内容の濃い、取り組みが具体的に形になるようなセミナーを目指しています。
  
東北が障がいを持つ方が幸せに働き、そして生きる、より良い場所になっていくような地域のチーム作りができたらいいなと思います。

参加された熱意のあるみなさまに刺激を受けました。ご一緒に成長させていただききたいです。

関連記事
http://www.miyagi-selp.org/topics/3688.html

Img_1240_3

仙台市のセミナー  手前はにぎやかな風の茶谷さん

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

無料ブログはココログ