« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の1件の記事

2012年11月 5日 (月)

無料セミナー情報「オーガニック・ナチュラル化粧品 成長する海外市場に比べ伸び悩む日本市場 その理由と対策」

11月21日のビオファジャパン オーガニックEXPOにて、無料セミナーを行うことになりました。
   
オーガニックEXPOの事務局を、2000年の有機JASの施行当初から11年にわたって務められたハインツ.W.クールマン氏と共に、オーガニック・ナチュラル化粧品について、日本市場の抱える問題や、ヨーロッパをはじめとした海外市場との比較、アジア市場の動向、今後の課題などをお話ししようと思います。

http://biofach.jp/ja/seminar2012/seminarlist01.php

今回は限られた時間ですのですべてはお話しできませんが、1月中にはちゃんとした4時間コースの有料セミナーも予定されていますので、そちらもよろしくお願いいたします。


「オーガニック・ナチュラル化粧品 成長する海外市場に比べ伸び悩む日本市場 その理由と対策」
 
講師:ハインツ.W.クールマン   ニュルンベルグメッセ日本代表    
    手島 大輔   株式会社トライフ 代表取締役
   
概要:
海外では伸長を続けるオーガニック・ナチュラル化粧品。一方で日本市場での成長率や市場規模は海外市場に比べ低いものとなっています。 その根本原因を指摘するとともに、ドイツをはじめ他のアジア諸国でのマーケット状況との比較、日本に化粧品のオーガニック認証制度が少ない理由、国内外の市場トレンド、日本市場での売上拡大に向けた海外・国内メーカーや輸入・国内流通業者のあるべき姿、また消費者にとっての賢い製品の選択基準についても紹介します。

Japanese natural and organic cosmetics market struggling against slowdown -- compared with growing overseas markets -- reasons and countermeasures

Heinz W. Kuhlmann, ABC Enterprises Inc.
Daisuke Teshima, Trife Inc.
 
Natural and organic cosmetics have continously increased their shares in overseas markets. However, the market size and the growth rate in Japan have slowed down. This presentation takes a look at the markets in Germany/Europe and some Asian countries and gives several reasons why there are not more certified organic cosmetics in Japan. Furthermore, it shows market trends, the future direction and strategies of both overseas and domestic companies in order to expand their business in the Japanese market and also a quality standard for the products reflecting the expectations and viewpoint of the consumers.


日時:11/21(水)16:20~17:20
  
場所:東京ビッグサイト 東 ビオファジャパン オーガニックEXPO内 セミナールーム


ご興味のある方はぜひお越しください。


無料事前登録フォームはこちらです。
http://biofach.jp/ja/for_visitors.php

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

無料ブログはココログ