« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の7件の記事

2013年5月29日 (水)

ネオナイシンがニュースにて紹介されました

 Photo

ネオナイシンがニュース「アサデス」にて紹介されました。
ぜひご覧ください!


動画→KBCホームページ
http://www.kbc.co.jp/movie/index.html?id=715


2013/05/31 久留米で誕生!優しいジェルとは!?

久留米市で誕生した、お年寄りと子供に優しいジェルがあるという。情報を聞いた西田と美里ちゃんはさっそく久留米市へ。その「優しいジェル」は「普段使っているものが大きく変わる“世界初のジェル”で、「優しい研究所」が作っているとか。はたして、「優しいジェル」の正体とは?

2013年5月27日 (月)

記者発表のご案内 革新的な口腔ケア製品で障害者の仕事創出 飲みこんでも安心 天然成分100%で効果の高い口腔ケア新製品「オーラルピース」発売

以前から取り組んで参りました新規事業につき、6月10日紀尾井フォーラムにて記者会見を行うこととなりました。

メディア関係の方にはぜひご出席を、またお知り合いで新聞やテレビ、雑誌などの記者の方がいらっしゃる方はぜひご紹介を、お願いできましたら幸いです。

この日本の持つ高度なバイオテクノロジー技術をベースとした世界的にも競争力のある製品を通して、 全国の働く意志のある障がい者の仕事の選択肢とやりがい、収入を増やし、また日々の生活や親亡き後も障がい者やその家族がいきいきと安心して生きていける未来を実現するような事業を、 地道に取り組んでいければと考えております。

何卒お力添えのほどよろしくお願い申し上げます。



以下リリース案内文

PRESS RELEASE  記者発表のご案内

『革新的な口腔ケア製品で障害者の仕事創出』 飲みこんでも安心 天然成分100%で効果の高い口腔ケア新製品「オーラルピース」 および  全国の障害者の仕事創出を目指す新しい事業の発表

http://oralpeace.com/

日時:2013年6月10日(月) 13時30分~15時30分

場所:紀尾井フォーラム 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニ ガーデンコート1F http://kioi-forum.com/

赤坂見附・永田町・麹町・四谷駅近く

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

昨年12月19日に九州大学で発表された、福岡県産のおからに住む乳酸菌が生み出す抗菌たんぱく質による口腔用天然抗菌剤「ネオナイシン」http://www.neonisin.com/は、
天然の抗菌たんぱく質でありながら口腔内の虫歯菌・歯周病菌等の雑菌への高い殺菌力など、口腔ケア剤の誤飲の恐れのある高齢者・障害者・乳幼児等の誤嚥性肺炎や虫歯・歯周病の予防が期待され、世界的にも革新的な天然由来製剤として注目されています。

このたびは、その口腔ケア製剤「ネオナイシン」を配合した口腔ケア新ブランド「オーラルピース」http://oralpeace.com/と2つの新製品を発表させていただきます。

事業展開においては、全国の働く意志のある障害者の仕事創出を目指し、原料の農産物の生産、製品の出荷作業、高齢者施設への販売業務などで仕事を創出していく計画です。

研究者および学識者、バイオベンチャー、ソーシャルベンチャー等が力を合わせて取り組んで参ります。 研究開発力・技術力の高い日本のテクノロジーを活かし、今後世界一の高齢者国家になる日本から、世界に向けた新しい時代の日本企業として事業展開していきたいと考えております。

つきましては、ぜひ報道関係者の方は記者会見へのご出席をお願いしたく、また他の新製品・社会企業関係のご担当さまへのご紹介をお願いできましたら幸いに存じます。

当日は、ご出席いただけました方に7月発売予定の製品のお試しサンプルもいち早く配布させていただきます。

お忙しい所大変恐縮ではございますが、どうぞご出席いただけますようお願い申し上げます。


オーラルピースの新規性

・九州大学農学部・鹿児島大学歯学部・国立長寿医療センターとの共同研究開発

・日本発のバイオテクノロジー技術がベース

・天然原料100%でありながら高い殺菌効果

・合成保存料、合成殺菌剤など化学成分は一切不使用

・低刺激、アルコールフリー

・リーズナブルな価格

・乳幼児からお年寄りまで使用可能

・全成分植物から作られ、河川に放出されても環境負荷の少ない、持続可能性の高い製品

・製品事業を通した障がい者の仕事創出への取り組み


発表内容

①「ネオナイシン配合 口腔ケアブランド『オーラルピース』と事業の説明」
:株式会社トライフ 代表取締役 手島大輔 

②「飲み込んでも安心 天然抗菌剤ネオナイシンの新規性について」
:株式会社優しい研究所 代表取締役 永利浩平

③「注目される健康長寿と口腔ケアの重要性について」
:国立長寿医療センター口腔疾患部長 歯学博士 松下健二 

④「乳酸菌が作る抗菌ペプチド、バクテリオシンについて」
:九州大学大学院農学研究院 教授 農学博士 園元謙二

⑤「ネオナイシンの口腔内細菌への効果データの発表」
:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 教授 歯学博士 小松澤均

⑥「障害者の働く環境とオーラルピース事業での仕事の創出について」
:慶応義塾大学 商学部 教授 商学博士 中島隆信


発表2製品

①オーラルピース 歯みがき&口腔ケアジェル

これ一つで歯磨きと口内保湿にお使いいただける「ネオナイシン」配合、天然由来原料100%、低刺激の口腔ケア健康ジェル

・吐き出しやうがいが難しい方に
・口腔内が乾燥しがちな方に

②オーラルピース マウススプレー&ウォッシュ

そのままお口にスプレーして、また水で薄めてマウスウォッシュとしてもお使いいただける「ネオナイシン*」配合、 天然由来原料100%、低刺激の口腔ケア健康液

・吐き出しやうがいが難しい方に
・口臭の気になる方に


(詳しくは添付の書類をご覧ください)

つきましては大変お手数ではございますが、ご参加いただけます場合、下記のメールにご連絡いただけましたら幸いです。詳細資料を送付申し上げます。

MAIL:teshimad★nifty.com(★=@)

飲み込んでも安心。要介護高齢者・重度心身障害者・闘病者・乳幼児等のための口腔用天然抗菌剤「ネオナイシン」 世界の働く意志のある障がい者が原料生産・流通・販売に関与する新しい形のソーシャル・ビジネスに挑戦します

ネオナイシン ホームページ http://www.neonisin.com/

ネオナイシン フェイスブック http://www.facebook.com/neonisin


これからのオーラルライフを向上させる「オーラルピース」

オーラルピース ホームページ http://oralpeace.com/

オーラルピース フェイスブックページ https://www.facebook.com/oralpeace

どうぞよろしくお願い申し上げます。


Photo


0001

2013年5月23日 (木)

講演「障がい者の経済的自立を実現する仕事づくりへの視点と事業戦略」

第4回 日本セルプセンター研究大会にて、「障がい者の経済的自立を実現する仕事づくりへの視点と事業戦略」と題した講演を行います。

障がい者の仕事づくりに取り組んでいる方や、ご興味のある方はぜひご参加ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


第4回 日本セルプセンター研究大会

日時:6月13日・14日

場所:「中野サンプラザ」

主 催:特定非営利活動法人日本セルプンター

後 援:厚生労働省、東京都、東京都社会福祉協議会 、東京都セルプンター、全国社会福祉協議会、全国社会就労センター協議会、日本NPOセンター


日本セルプセンターとは

現在、日本には8,000を超える社会就労センター等が存在していて、これらの施設では障がい者の自立を支援するために、様々な事業に取り組んでいます。
大規模なクリーニング業・印刷業を行っている施設もあれば、企業の仕事を引き受けて部品加工や細かい手作業を得意としている施設もあります。また自主製品の製造を行っている施設もあります。

SELP(セルプ・Support of Employment, Living and Participation)とは、働く意欲がありながら、障害などの理由により一般の事業所に就職することが難しい人々のための就労の場のことです。自助自立を意味する英語「SELF HELP」からの造語であり、ハンデに負けず社会自立を果たそうとする人たちの決意がこの言葉には込められています。

日本セルプセンターは、経済活動を展開する施設が集い、近代化や共同事業によってSELPの精神をより積極的に行っていくことを目指した事業振興センターです。



「経済的自立を実現する仕事づくりへの視点と事業戦略」講演内容

1.働きたい意志のある障がい者を取り巻く環境

2.福祉事業所での仕事づくりの現状
 (ア)一般企業との違い
 (イ)福祉のプロフェッショナルによるビジネス
 (ウ)職員のモチベーションとインセンティブ
 (エ)事業の競争力
 (オ)メンバーの働く力

3.福祉事業所は何を目標にするべきか

4.これからの福祉職員に求められるビジネス・マーケティングスキル
 (ア)仕事づくり、事業開発のための事業戦略とは
 (イ)「マネジメント」の著者ドラッカーの説く「顧客創造」、「マーケティング」と「イノベーション」  
 (ウ)自分の行うべき事業とは何か、自分たちのやるべき事業・仕事の見つけ方
 (エ)自分のやるべきことは自分ではなく他人が決めるもの
  (オ)マーケティング戦略に従った具現化の方法

5.マーケティングとは「売れる仕組みづくり」
(ア)作る・売る・伝える、すべてはつながっている
 (イ)彼を知り己を知れば百戦危うからず  
 (ウ)誰がお客様なのか 共感者がお客様
 (エ)弱みを強みに転じる生き残り方
 (オ)絶対に負けない戦略とコンセプトの作り方

6.自らの個性を最大化するマーケティングミックス
 (ア)製品
  ① 自分たちにしかできない個性のある製品
  ② 新しい企画の生み出し方 
  ③ アイデアは組み合せと編集
  ④ その製品・サービスに魂はあるか
  ⑤ 商品をして語らしめよ
 (イ)価格 
  ① 製品企画開発は価格ありき
  ② 建値と掛け率、掛け率の相場
  ③ ドンピシャ価格を狙う
 (ウ)チャネル(販路)
  ① 販路は最終ターゲットに届ける1つの手段
  ② 販売チャネルの種類と特徴
  ③ 販路拡大の具体的な方法
  ④ 福祉事業所のこれからの販路について
 (エ)プロモーション
  ① お金をかけないでも宣伝はできる
  ② メディアは新しいニュースを欲している
  ③ その取り組みはニュースか、うわさになるプロモーション
  ④ どうやって宣伝するのか
  ⑤ プレスリリースを作りながら仕事を進める  
  ⑥ 想いを伝えるためのPR、まずは身近な共感者から

7.事業を成功に導くには
 (ア)机上の知識の先にあるもの
 (イ)対価は感動、ビジネスは大義名分を
 (ウ)情熱で協力者の心を動かし事業を成功させるパワーと運気をつくる
 (エ)事業へのインパクトを常に考えているか
 (オ)アウトプットするには、人に会い、書を読み、旅に出る 
 (カ)目標や夢を実現するには

8.仕事の選択肢を増やす新しい取り組みについて

9.今日からできること
 (ア)いまからやってみましょう!
 (イ)人とつながる
 (ウ)人に知ってもらう
 (エ)人に聞いてみる
 (オ)もう一回やってみる

10. おわりに 未来は自分たちでつくる 情熱が未来をつくる


詳細は
http://www.selpjapan.net/

0001

00020003

2013年5月22日 (水)

講演「ナチュラル/オーガニックコスメにおける消費者意識、チャネル変化への対応と飽和市場の中でブランドが進むべき道」

サイエンス&テクノロジー社主催によるナチュラル/オーガニック化粧品に関してのセミナーを5月29日に行います。

ご興味のある方はぜひお越しください。


<趣旨>
依然成長を続け、安全性などの観点からさらなる成長が見込まれるナチュラル/オーガニックコスメ市場。新しいものとして市場に認知され始めた2005年当時に比べ、愛好者も消費者意識も大きく変化してきています。また国内だけではなく、世界市場でのそれぞれのブランドの状況も刻々と変化をしています。

日本市場には世界中からの大小ブランドが参入、多くの製品が市場にひしめき合う状態のなか、いかに一歩抜け出すブランドになりえるのか、価格競争に巻き込まれない優位性を保てるか。さらに海外ブランドにとっては為替の変化で利益の出しにくくなった今何をするべきか、一方国産ブランドはこの機会に何をするべきか。

現在の市場環境を詳しく具体的に紐解き、今後のトレンドを示唆しながら、ナチュラル/オーガニックコスメブランドの次の一手について紹介します。

C130565_10001
案内詳細→ http://www.science-t.com/st/cont/id/19582




2013年5月14日 (火)

横浜で働く

今日はスケジュールの合間を縫って、横浜商工会議所にJANコードの申請に来ました。

いままでたくさん製品やブランドをつくってきましたが、JANコードの申請を自分で行うのは初めて。担当の方のご苦労が分かりました。

ところで、この季節の横浜はいいです。 都内で事務所を探す必要があったけど、気持ちよさと通うモチベーションは断然こっちの方。

家から表参道行くのも、関内に行くのも同じ時間として、高校時代からほぼ毎日行ったり来たりしている都内と比べて、たまに来るからか来る喜びが全然違います。

でも以前はほとんど渋谷~銀座間に集中する打ち合わせなどの用事を考えると、横浜は不便で交通費もすごくかかるので、これは無理と思ったことがありました。

どう考えても朝から横浜にいたら、都内にいるのと比べて機動力が落ちる。

でも横浜は気持ちよいし、ギスギスしてなくてのんびりしてるし、愛せる街という気が。

市内在住だしここから新しい横浜モデルの事業を興していけないか?

これからは都心集中の時代じゃない。都心は多くの東京出身以外の人が盛り上げる場所。横浜でやっていてもこれからの時代不利にはならない。

一方、ビジネスの中枢は千代田区・港区・中央区・渋谷区。本気でビジネスやるなら断然こっちでしょ。国内外へのアクセスも全然便利。関係者もほとんどが都内にいる。

悩んでしまいます。   

なんて、まだまだ事務所家賃を払える状況じゃない(笑)。もっと事業を大きくしてから考えるべきですね。

それで、たった2アイテム分を申請しに行った自社製品のJANコードですが、担当の方がそれでも良いですよというので、1,000アイテム分の番号をもらえるように申請してしまいました。

独立して7年。一人でできるコンサルティングやプロデューサー業からはじめて、とうとう自社製品も出すことに。

2個分でよかったのに、1,000個分の自社製品のJANコードを取ったら気分がなんか変わりました。

こうなった以上はじゃんじゃん作って売ろう! ここからコンテナ仕立てて世界にどんどん送るぞー!

5月の海に向かって心の中で雄叫びを上げたのでした。

8

2013年5月 7日 (火)

心強い応援団

ゴールデンウィークが明けて緑あふれる5月らしい陽気になってまいりました。

本日は、参議院議員としてご活躍中の藤巻幸夫さんをお訪ねしました。

藤巻さんは伊勢丹やバーニーズ、BPQCのバイヤー、そして福助の社長などを歴任されたブランド・事業の立上げのプロフェッショナル。また多くの刺激的なマーケティングやビジネスの本を執筆されています。そして現在は参議院議員として精力的に活動されております。

今日は大変ご多忙中、障がい者の仕事の現状や親亡き後問題などについて聞いていただき、ネオナイシン配合オーラルケア製品と障がい者の仕事を創出するビジネスモデルのプロジェクトをご紹介させていただきました。

そして素晴らしいことに、この革新的な製品を通じた障がい者の仕事づくりを目指すプロジェクトの応援団になっていただくことになりました。

ブランディング、マーケティングのプロフェッショナルとしての視点から、現在デザイン中のパッケージについても高い評価をいただき、これから多くのメンバーが販売していくことに自信が持てる製品になれると心強く思いました。

今後より良い事業やブランドになるよう、鋭意努力してまいります。

9


2013年5月 2日 (木)

忌野清志郎

5月2日は忌野清志郎さんの命日だそうです。

中学生の時にRCサクセションを好きになって、そんな風になりたいと憧れて高校生からバンドを組んで。 でもRCを解散してからはほとんど聴かなくなって、音楽も諦めて普通の就職をしました。

働いて10年ぐらいして、ひょんなことからものを作る仕事となり。

初めて自分のブランドをつくった2005年に、キヨシローさんの事務所を調べて送ってみました。

何度も便箋に万年筆で書きなおした長い手紙を、あのイタリアのオーガニックシャンプーを入れた段ボールにいれて。

「忌野清志郎様 はじめまして 手島大輔と申します。昔にデモテープを送ろうとして自信がなくて送れませんでしたが、大人になって音楽ではないですが自信のあるものがやっとできたので、清志郎さんにぜひ使っていただきたく不躾ながらお送りさせていただきました。僕は・・・・・・」

返信ないな~(あるわけないか)なんて思ってましたら、その時は入院されていたようです。

今でもその時のことを思い出して、「きっと使ってもらっただろう」と勝手に思ったりしてます。

音楽じゃないけどすごいことをして、いつか会いたいと思っていましたが間に合いませんでした。

新しいことを始める時、事業の立上げの時、自信がなくなった時、不安な時、いつもこの曲を帰り道で聴いて帰ります。

これはRCが独立した時に出した曲。

フォークトリオでのデビューから「10年ゴム消し」の不遇時代を経てやっと日の目を見たRC。不遇時代にコツコツと努力して書き溜めた曲でヒットを力づくで手に入れた。

あの売れない時代があったからこそと思う。

今はとても不安な時。たくさんの人に助けてもらって何とか成り立っている状態です。

今日も大切な休日なのに友達に力をかしてしてもらった。 お世話になった人に大きな恩返しは出来るのかな。 必ずしないと、しかも早く。遅くならないように。

それにあの世でキヨシローに「キミも良くやったじゃないか」とも言われたい。

実現したいすごく大きな夢がある。 時間がない。 さてどうする。 そのためには目の前のことをやるしかないのだ。

「すべてはALRIGHIT」

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

無料ブログはココログ