« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年8月の3件の記事

2013年8月15日 (木)

働く障がい者を応援する雑誌「コトノネ」

今日は、障害者のはたらきを応援する雑誌「コトノネ」の編集長の里見さんのお話を伺う機会をいただきました。

働く障がい者にスポットライトを当てる雑誌をどうして始めることになったのか、また里見さんの経営者としてのヒストリーをお伺いする事ができ素晴らしい時間でした。

雑誌「コトノネ」は、全国の働く障がい者やそれを支える福祉職員、家族、企業などを、洗練された表現で取りあげる、世界中でも今までにない革新的な雑誌。

障がい者就労施設の職員の方、行政の方、家族の方、そして障がい者支援を行う方には非常に参考になる情報が多く、また働く障がい者や施設職員、家族に勇気を与えれくれる雑誌です。

ホームページ
http://kotonone.jp/

ぜひこの「コトノネ」をより多くの方に知っていただき、またこの雑誌が長く続いていったら素晴らしいと思います。「コトノネ」の普及を「オーラルピース」と共に全国に広げていければと思います。

現在、「コトノネ軒先店舗」となる障がい者施設、書店、小売店を全国で募集しています。これは、この雑誌を地域で販売するパートナーです。そして販売により施設の収入も得る(1冊あたり234円)ことが出来ます。

またパートナーになっていただくと様々な特典があります。 http://kotonone.jp/bookstore/index.html

ぜひ、障がい者施設の方は自分たちの日々の仕事の地域の方への紹介や、各地の事例を自身の施設に取り入れる参考書として、 また書店や小売店の方は働く障がい者を応援するサポーターとして地域の多くの方にお届けできるように、 そして雑誌販売で売上を得られる一つの事業として、 販売へのお取り組みをお願いできればと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

5

2013年8月11日 (日)

神奈川新聞の一面トップ記事でオーラルピース事業のことが取り上げられました

8月11日の神奈川新聞朝刊の1面トップ記事に、オーラルピース事業について取り上げていただきました。

一面トップは初めてで嬉しいです。この事業のことや、仕事をする障害のある方のお話なども丁寧に書いていただいています。

「障害者 自活の道 就労施設と企業が試行 横浜で新ビジネス」

是非ご覧ください!

S0001_2

2013年8月 6日 (火)

オーラルピース 設置協力高齢者施設に初の納品

本日、よこはま成年後見つばさの須田理事長のコーディネートにより、横浜市旭区にある社会福祉法人山根会の特別養護老人ホーム「水の郷」にオーラルピースの納品に伺いました。

このオーラルピース事業で、障がい者就労施設のメンバーが、初めて高齢者施設への設置を行った記念すべき日となりました。

こちらの施設を担当するのは同じ旭区の社会福祉法人白根学園のメンバーと菅野施設長です。

つばさの社会福祉士である根岸さんも参加され、神奈川新聞の取材も入っていただきました。

水の郷は横浜市旭区にあるショートステイ・デイサービスを併設する定員110名の特別養護老人ホーム。利用者の方ひとりひとりの意思を尊重する生活サポートを行い、地域やご家族に信頼される施設です。

理事長、事務長に地域の障がい者の仕事づくりへの理解とご協力をいただき、世界で初めてのオーラルピースの設置協力施設(OPP0001)となっていただきました。

そして今日は素晴らしいことに納品に際して、水の郷の中野理事長はじめ職員のみなさまに歓迎会を開いていただきました。

水の郷の職員の方から、白根学園のメンバーに花束贈呈もあり、素敵な瞬間に立ち会うことが出来ました。

こうして、障がいのあるメンバーも地域で認められ、必要とされ、生き生きと仕事ができ、さらにこの仕事により多くの収入を得られるような選択肢をつくっていけるように進めていきたいです。

このような事業モデルを横浜から全国に広げていければ素晴らしいと思います。

描いていたビジネスモデルが現実となった素晴らしい記念日でした。

7


« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

無料ブログはココログ