カテゴリー「②ビジネスプロデュース・コンサルティング」の24件の記事

2012年4月18日 (水)

ビオファジャパン・オーガニックEXPO2012の記者会見

ニューオータニガーデンコートで、2006年よりPRを担当していますビオファジャパン・オーガニックEXPO2012の記者会見を開催しました。

午前・午後の部ともおかげ様で盛況となりました。

ビオファジャパン・オーガニックEXPO
Photo_4



2012年4月 9日 (月)

「フェアトレードで世界を変えよう」外務省NGO研究会

S1 S2 S3
    
特定非営利活動法人ACEさんによる冊子「フェアトレードで世界を変えよう」に記事が掲載されました。
   
セルザチャレンジを代表して「She with Shaplaneer」と、フェアトレードとビジネスや商品開発、ブランド開発について、研究会にてお話しさせていただいた内容の要約です。
  
ご興味のある方は是非ご覧ください!


最新情報はFBで
http://www.facebook.com/teshimad

2012年2月 1日 (水)

東京インターナショナルギフトショーSPRING2012

東京ビッグサイトで、2月8・9・10日に開催されるギフトショーに関与しておりますいくつかのソーシャルブランドが出展いたします。
  
ぜひ足をお運びいただけましたら幸いです。



年間8,000万本が消費され埋立て廃棄されるビニール傘による環境破壊をデザインから変えていくレイングッズ
「EVEREON(エバーイオン)」
http://www.facebook.com/Caetla.Umbrella
ブースNo:東6447


日本の耕作放棄地を自然農で甦らせ、地域障がい者の雇用を生み出していく日本初のワイルドクラフトコスメ
「QUON(クオン)」
http://quon-cosme.jp/
ブースNo:西2243


もうあの生活には戻らない・・・貧困からセックスワークにつかざるを得なかった最貧国バングラデシュ・ネパールの母親たちが社会復帰のために作る美のための本格的なフェアトレード・アーユルヴェーダソープ
「She with Shaplaneer」
http://www.shaplaneer.org/she/index.html
ブースNo:東6464


どうぞよろしくお願い申し上げます!

2011年8月10日 (水)

美容&エステティックの新しい情報誌「クレアボー」にて連載を開始しました

フレグランスジャーナル社の、美容&エステティックの新しい情報誌「クレアボー」にて、「オーガニックをサロンづくりに活かす」という連載を開始しました。

Photo Photo_2

第一回目は、「オーガニックコスメって、何?」です。

ご興味のある方は是非お読みください!

クレアボーは、ビューティーサイエンス&エステティックサイエンスに裏付けされた情報を発信し、化粧品、エステティック、スパなどの美容業界を常にリードしている専門誌です。

ご購入・ご購読は以下で。
http://www.fragrance-j.co.jp/magazine/creabeaux.html
http://www.fragrance-j.co.jp/bookstore.html


2011年8月 5日 (金)

「オーガニックコスメ、独り勝ちの理由」前編・後編

サイゾーウーマンに「オーガニックコスメ、独り勝ちの理由」

前編:「オーガニックコスメ市場の"勝ち組"から見る、現代コスメのニーズ」

後編:「日本の大手メーカーも展開を始めたオーガニック市場、その切り札とは」

の記事が掲載されました。

http://www.cyzowoman.com/2011/08/post_3743.html

http://www.cyzowoman.com/2011/08/post_3825.html

ご興味のある方はぜひご覧ください。

(補足)
現状では、農業大国であるヨーロッパの有機農産物振興のためのオーガニック化粧品認証制度の枠組みでは、日本の植物原料は生産量的に国際的な価格競争力は低いといえます。
国産オーガニックコスメとしても、ヨーロッパの認証を取る場合は結局ヨーロッパ産原料を使わざるをえないという欧米の戦略にはまり、海外原料の日本ブレンド製品となってしまう傾向があります。
また植物原料を主体としたブランドの場合、やはり主流は海外植物原料であり、国産植物原料はほんの少しのキー成分としての使用に留まり、キャリアオイルや精油など輸入植​物原料に依存しています。
日本の農業や化粧品原料、化粧品メーカーの国際競争力の維持、国力の増加には、海外輸入品に対峙する真の意味での原料からの国産比率を高めた、世界に通用するジャパニー​ズ・オーガニックコスメブランドの登場が望まれています。

2011年7月21日 (木)

日本初・発のワイルドクラフトコスメ「QUON/クオン」デビュー

Quon_press_release0001Quon_press_release0002 Quon_press_release0003 Quon_press_release0004 

2年ほど前から立ち上げのお手伝いをしてまいりました国産のオーガニック&ワイルドクラフトブランド「QUON/クオン」が9月に発売されることになりました。
    
20年前から日本のオーガニックコスメの先駆けとして、国産の有機素材にこだわってクオリティの高い製品を作ってきた株式会社クレコスの新しいブランドです。
   
クレコスの製品は今まで4060代をターゲットとしてきたアンチエイジング化粧品ですが、今回のブランドは2030代をターゲットとして、「海外原料に頼らない真の国産オーガニック」、「安全性の高さ」、「気持ちの良さ」、「使いやすさ・使用感」、「最先端の技術と製法」、「実感できる効果」、「買い続けられる価格」、「保存料・着色料・香料など化学成分100%フリー」、「社会貢献性」などをとことんまで追求し、開発に2年ほど時間がかかってしまいましたが、老舗の意地を見せる、国内では最高峰といえるまで高めた品質となりました。
   
アイテムは、オーガニック系コスメの中では珍しい、これ一本でデイリーケアが実現する「化粧水・乳液・美容液の機能を備えたオールインワンセラム」と、機能別に加えて使用できる贅沢な内容の「美容オイル3種」のラインナップです。
  
オールインワンセラムは、みずみずしさがありながら、肌に吸い込まれるような感覚と、べたつかず物足りなさもない絶妙な使用感、深呼吸したくなるフレッシュな精油のアロマ。
  
さらに、目的別・テクスチャー別の美容オイルを手の上で混ぜて使うことで、自分好みの使用感と効果、またアロマの組み合わせによる香りのミックスが得られる感覚。
  
今回のブランドは、オーガニック系ブランドのラインナップは素材別に数々のアイテムがあってわかりにくいものが多いですが、日本の女性のデイリーユースを考えてオールインワンセラムと、機能・効果別に分けて最適の処方を行った美容オイルのセットという、進化した、わかりやすく使いやすい、飾り過ぎないシンプルなブランドです。
  
市場規模の小さなオーガニックコスメのイノヴェーター以外の、より大きなマス市場からも、使用感や効果で納得してもらい多くのユーザーを獲得できるように考えました。

  
国産にこだわった点は、最近国産の海外オーガニック認証付コスメが増えてきていますが、実際は国内にはオーガニック認定付の植物原料がないため、海外から輸入されたオーガニック認証付の植物油や植物エキスを、日本で混ぜ合わせた海外原産原料の日本ブレンド品がほとんどなのが現状といえます。
  
理由としては、

海外のオーガニック認証企業は、自国の有機農産品の海外輸出と外貨獲得を目指しての認証制度なので、日本でサービスをしている海外オーガニック化粧品認証を取るためには、結局その国の競争力のある有機植物原料を使用しなければならないという点、
  
日本の農産物のオーガニック認証は有機JASといって食べ物しか認証制度はなく、化粧品に多種に使えるような有機植物が海外に比べそもそも少ない点、
  
また、日本の原料メーカーのほとんどは植物エキスを抽出する際にBGという石油化合物を用いて抽出しますが、それらはオーガニック化粧品認証では認められない石油を用いた原料のため、日本国内には世界基準と同等のオーガニック化粧品をつくるベースがそもそも存在しない現状です。
  
よって、現在の国産オーガニック製品は、キー成分として謳う国産の成分使用ははごくわずか、中身はほとんどは輸入された海外製原料で、日本で配合・パッケージングした「準・国産」という製品がほとんど、

以上から使用感や効果なども限定されたものが多い現状でした。

  
以上の状況の中で、自然・オーガニック系に化粧品トレンドの潮流が移る中、農業国である欧米のオーガニック認証企業のフォーマット上では、互角に日本メーカーは戦えず、日本の有機農業と化粧品の国際競争力の低下を危惧していました。

   
このたびの「QUON/クオン」は、日本の地域農業・商業の振興を図る経済産業省の「農商工連携事業」の認定事業となり、日本の有機農業の活性化と、自然化粧品分野における化粧品産業の再興を目指すプロジェクトとなりました。
  
奈良県の大和地方に古代から伝わる「大和茶」。今回はオーガニックよりもさらに難しいとされる、肥料もなにも加えない「自然農=ワイルドクラフト」で育て、植物本来のパワーを活かした大和茶の油やエキスをキー成分に、日本各地のオーガニック植物をクレコス20年間の有機農家との関係などから集めています。
   
有機肥料を与えて育てるオーガニックより、さらに何も与えないワイルドクラフトに踏む込むことで、害虫や雑草にも負けないそれぞれの植物本来の効能パワーを最大限に生かす製品と、オーガニックコスメというジャンルをさらに進化させたワイルドクラフトコスメというポジションも目指しました。

  
以上により、国産のワイルドクラフト・オーガニック植物原料をセラムで80%以上、オイルで50%以上も配合するという今までにない、国産といえるオーガニック化粧品ができました。
   
また、近畿大学や静岡大学との産学連携研究で、植物のエキスを溶媒を用いないで極限まで抽出する「亜臨界水抽出」により、今までのBG抽出や圧搾抽出、水蒸気蒸留、エタノールやグリセリン抽出では得られることのなかった美容成分を安全に最大限まで取り出すという、世界でも最先端のテクノロジーにより、癒しだけではなく肌への実際の効果を研究機関により調査研究しながら製品を作り上げています。
  
特にアンチエイジングについての効果については、大学での重点的な研究開発により実証された製品づくりになっていて、今までの植物系化粧品とは一線を画す機能性の高い自然化粧品となりました。
  
  
社会性としては、大和地方の耕作放棄地の再生、日本の山林を保護するため出される間伐材の杉を障がいのある人の働く福祉作業所で収斂・消毒・美肌効果もあるスギウォーターとして抽出して地域の障がい者の雇用創出、間伐材を使用したパッケージで森林の保護などにも取り組んでいます。
  

あと製品として珍しいのは、「化学成分100%フリー」です。海外製や国産もそうですが、キャリーオーバーも含め保存料など完全に化学成分を使わない処方は非常に珍しいです。
  
大体オーガニック化粧品はジュースと一緒なので防腐剤を入れていないと当然腐ってしまうためフェノキシエタノールや安息香酸、ソルビン酸などが防腐剤として用いられますが、
今回の「QUON/クオン」では「亜臨水界抽出技術」とクレコスの20年間の植物エキスでの防腐技術の研究で、冷蔵庫保存など不要にて「本当に化学成分を一切使わないで化粧品をつくる」という難題をクリアできました。これは世界的にも非常に競争力のあるポイントであると思います。
  

また、価格についても検討を重ね、非常に高い品質を保ちながら、毎日使えるような価格を目指しました。
  
海外原産原料のブレンドの場合は、海外における同等の製品より非常に高くなってしまうデメリットがありましたが、国産原料の開発により国際競争力のある価格も追求しました。
  
オールインワンセラムで3,990円、オイルは3,150円と、海外製品の現地価格と同じようなリーズナブルな価格設定となっています。
  
  
以上、長々と書きましたが、やはり特徴的なのは、何百回にもおよぶ試作品の製作とモニタリングによってできた、使用感・実感できる効果・精油のみのリラックスする香り、海外製にはないオールインワンという利便性と繊細な日本人女性が納得する使用感、検討を繰り返したクリエイティブ面でのデザイン洗練度です。

いいものができました。
  
 
9月6日の発売となります。

どうぞよろしくお願い申し上げます!


2011年4月20日 (水)

インフィニストリア ヘアケア新製品デビュー 

    
ブランドプロデュースを行っている、音楽をテーマとしたイタリア発のソシアル・オーガニックヘアケア・ボディケアブランド、インフィニストリアから、新しいオーガニックスペシャルヘアケア・スタイリングアイテムを発売することになりました。
 
新しいアイテムは、プロッフェッショナル向けおよびホームユースもできる、オーガニックのスペシャルヘアトリートメントオイルと、スタイリングアイテムとなります。
   
世界的にも、オーガニック認証を取得しながらダマスクローズのスペシャルヘアケアおよびスタイリングは珍しく、世界初といえます。
   
エレガントなダマスクローズのアロマで、効果や使用感にも妥協しないヘアオイルや、ヘアミルク、スタイリングゲルなど。
  
オーガニック認証付の安全性と、リーズナブルな価格も魅力です。
 

インフィニストリアは自社で製品企画開発とパッケージデザインを行いますが、今回の製品のポイントは今までにないダマスクローズアロマのオーガニック認証付のスペシャルヘアケアを買いやすいリーズナブルな価格で出そうと思った点です。
    
また、パッケージデザインについては、ライン使いでの使いやすさや、スタイリングやヘッドスパなどサロンワークでも確認しやすいビジュアルを考えた数字での表示、今までのパッケージから少し新しさを感じさせることを考えて、洗練度と機能性を両立させるラベルをデザインしました。
 

紫外線ダメージの気になるこの夏に。 

先行販売は、71日より、伊勢丹ビューティアポセカリー、コスメキッチン、オーガニックマーケット、全国のタイムレスコンフォートにて。

75日より、全国のサロンにて。

http://www.infinistoria.com/shop/opera/index.html

どうぞよろしくお願い申し上げます!

04060001
04060002 04060003

2010年11月 2日 (火)

会社のホームページ開設

会社のホームページをグーグルサイトで作成しました。

よろしければご覧ください。

https://sites.google.com/site/trifeinc/

2010年2月25日 (木)

10周年のビオファ・オーガニックEXPO記者会見

  
本日、今年で10周年を迎えるビオファジャパン・オーガニックEXPOの記者会見が都内で行われました。

ビオファは、ドイツをはじめ世界6カ国で開催される、世界最大のオーガニック関連製品の展示会で、食品や雑貨、化粧品などたくさんの製品が一堂に会します。

2000年の有機JASの施行と同時に開催された日本のビオファジャパン・オーガニックEXPOも今年で10年目。

オーガニック市場の拡大と共に、年々賑やかになってきました。

Photo
本日の記者会見にも約60名の報道関係者の方が集まりました。

今年は、東京ビッグサイトの大きなホールで最終日は祝日と、たくさんの新しい製品の出展や様々なセミナーイベント、会場内でのマーケットなど楽しい企画を考えています。

開催日は、9月21日(火)・22日(水)・23日(祝)。場所は東京ビッグサイト東4ホールにて。


出展者される方も、見に行かれる方も今年のビオファは注目です!

http://www.biofach.jp/







2009年12月 8日 (火)

会津漆器の展示会 愛づナチュラリズム

   
先日、會’s NEXT(あいづねくすと)の展示会&ワークショップにIID(世田谷ものづくり学校)にお邪魔してきました。
     
會’s NEXTは、400年の歴史を誇る、福島県会津若松に伝わる漆器に、職人の方々が力をあわせて新しい風を吹き込む活動を行っていています。
    
今回は、奥会津からむし織りとのコラボレーションで、自然素材の商品に実際に触れたり、伝統工芸の職人さんたちと語り合ったり、制作体験したりできる楽しい体験型イベントでした。
 
   
このイベントを中心になって進めている社会起業家の貝沼さん
地域活性化で非常に活躍されています。
Dsc01323 
   
11月9日のNHK朝のニュースで全国放送された儀同さんの「カップ麺椀」も展示されていました。
Dsc01322
   
  
本物のみが持つ美しさやあたたかさは、そのものを見て手に取ると本当に良く分かるものだと、つくづく思いました。






無料ブログはココログ