カテゴリー「⑩伝統工芸・地場産業再生プロデュース」の7件の記事

 

2008年4月10日 (木)

會’s NEXTプロジェクトブログ

400年の間、感動を与え続けてきた伝統工芸「会津漆器」。

その再生プロジェクトのブログをご紹介いたします。

http://www.aizu-next.com/blog/
 
 
メンバーの皆様が1年がかりでプロジェクトを進め、ようやく製品化に近づいてきました。

今年は、この400年引き継いだ伝統によって、日本および世界に感動を与えていく年となりそうです。

 
Trdxdsn
 
 
 
 
 


2008年1月21日 (月)

内閣総理大臣賞

会津漆器の再生プロジェクトで大変お世話になっております、儀同哲夫さんが全国伝統的工芸品公募展で内閣総理大臣賞を受賞されました。

http://www.kougei.or.jp/wnew/19/koubo_kekka19.html

Photo

 
お人柄も素晴らしいですが作品も同じくです。
 
 

2007年7月25日 (水)

日本伝統工芸×DESIGNコンペ

 
福島県会津若松に400年伝わる、日本そして世界を代表する伝統工芸「会津漆器」


 
その美しい文化の再興をかけるプロジェクトが進んでいます。



エコや昔からの文化が見直されている今、産地ではこの400年の感動を今一度新しい感覚でよみがえらせたいと願っています。

  
 
會's NEXTプロジェクト
http://www.aizu-next.com/
 
  
このプロジェクトでは、若手デザイナーの方々が考えたデザインやアイデアを、日本を代表する会津漆器の作り手やブランドプロデューサーと共に世界に送り出していくというプロジェクトです。


美しい固有の文化を持つ日本から世界にアートを発信していく。
 
 
そんな挑戦には、新しい力が必要です。


日本文化の歴史に残る出来事を作っていく仲間を募集しています。





参考記事

Img

2007年2月27日 (火)

「少年民藝館」

 
 
編集の仕事をされているHさんに教えていただいた、「少年民藝館」という素敵な本を読んでいます。


最近、日本各地の地場産業・伝統工芸の「リ・プロデュース」のお仕事に携わることがあり興味のある分野なのですが、これは日本各地のそして世界の「民衆的工芸品」が、まるで博物館のように紹介されている珍しい本です。



これは、とてもすばらしい本ですね。





Cvhuqrkn_49443d5158ddd52927275bc5bd19f81



そしてこの本のまえがきがとてもよい文章で、心に残りました。

 

 
ちょっと抜粋したいと思います。
 
 

「人間は誰でも毎日親しくしている友達の影響を受けて、知らず知らずのうちに良くも悪くも変わるものです。~~中略~~毎日いっしょにいるもの言わぬ友だちも、人に強く影響を与えますから、私どもは用心しなければなりません。
 もの言わぬ友だちというのは、毎日私たちといっしょにいる道具類のことです。人間は誰でもみな丸裸で生まれて来ますけれども、必ず多くの道具を使い、それにたより守られて、長い一生を暮らしています。
~~中略~~
この『少年民藝館』は見せかけの駄目なもの、着飾った怠けもの、高くて威張っているような道具を捨て、健康で無駄がなく威張らない美しさを備えてよく働く、良い友だちを紹介したいと思って、世界中の工藝品を選んで並べました。
~~中略~~
『ミンゲイ』という日本語がそのまま広まって世界中どこでも通用するようになったのは、民藝品の美しい形や色とその心がけが、私たちの毎日の暮しを助け励ましてくれることが、多くの人々に良く分かってきたからなのです。」
 
 
 
  
 
最近、毎日の生活で使う道具類こそ、良い物を大切に使いたいと感じています。
 
 
人生のうちの幸せを構成しているものって、何気ない日常のひと時なんじゃないかなと思います。



それを彩る素敵な「もの言わぬ友だち」は、時代と共に出会うことが少なくなってきてしまいました。
 
 
これからは少しずつ、もう一度僕らの生活に戻ってきてもらえるようにしてみたいと考えています。
 
  
  








 

2007年2月 7日 (水)

テーブルウェア・フェスティバル

知人よりお誘いをいただいて「 テーブルウェア・フェスティバル」に行ってきました。
  

http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/
 


この展示会自体、また東京ドームで催される展示会に行くのは初めて。

 
外野席からグランドを見下ろしたときに、観客席に囲まれたグラウンドのなかにある、きらびやかな箱庭みたいな街を見て綺麗だなと思いました。
 
食器やテーブルコーディネートなど、お料理に興味がある人にはたまらない催しと思います。
 
夕方遅く行きましたが結構混んでいました。

  
  
日本および世界の有名な食器の生産者が一堂に会していたり、作家さんから直接新製品やレアモノがお安い値段で買えたりします。
                              
普通の店にないような良いモノをお得にと探している人には良いかもしれないですね。
   
 
特に伝統工芸士の知人が出展されている、出口休憩所前の角ブース「職人の店」というお店は良いです。ぜひ行ってみてください。


2月12日まで開催との事。
 

(ついでに巨人軍のベンチからブルペンに内線も入れてみましたが話中!?アップはまだか!)
  
  
  

旅行や外食より毎日の暮らしの中での食事シーンって、一生における割合も圧倒的に多いですよね。
   

そうなってみないと分からないけど、たぶん死ぬ前に「幸せだった」と思い浮かべるのは、非日常的な特別なことではなくて、きっと何気ない日常の中でのシーンなんじゃないかな~と。
  
自分も今までは旅行や、見せびらかす要素の多いものにお金を使ってきた気がしますが、何気ない日々の暮らしに使ったり、日常を形成するものにこそ本質的に良い物を使いたいし、お金も配分してもよいなと最近考えるようになってきました。
(大人になったってこと?)
 
  

 

 
夜は地元で先輩と食事。

今後面白い活動が色々広がりそう。
 

がんばります!



Dsc02614
 
 
家から見た夕焼けの富士山。


寒い日は景色が遠くまで透き通って見えて、心が洗われます。

2007年1月15日 (月)

熱い銀世界

先週会津若松に行ってきました。
 
東京や大阪では雪を見ないこの冬ですが、郡山から猪苗代方面に走り出したら一面の銀世界。
 
遥かに見える山々は威風堂々といった様相です。

Dsc02380 

 
この寒い国に熱いハートの職人さん達がいます。
  
今年の会津伝統工芸は一味違うと言われる一年になったらいいなと思います。
 
この素敵な会津若松と今年から永く深いお付き合いをさせていただくことになりました。
 

2006年8月12日 (土)

会津漆器がこれからアツイ!

夏休みの季節となりました。

暑かったり雷が落ちたりと不思議な天気ですね。

さて、昨日一昨日と真夏の緑あふれる東北は会津若松に行ってまいりました。

会津若松といえば白虎隊や猪苗代湖で有名ですが、その中でも世界的にも有名な伝統工芸品で会津漆器があります。

ウルシを塗った工芸品で、よく見かけるものは盃やお椀、重箱、お箸等がありますね。

会津での漆器産業は、古来より漆器文化があった会津に、今から約400年前に織田信長の義理の息子である蒲生氏郷が秀吉の天下統一後に会津に来た時、上方から多くの漆器職人を伴い手工業の奨励等を盛んに行ったことで発展したといわれています。

蒲生氏郷
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%B2%E7%94%9F%E6%B0%8F%E9%83%B7

今回は、この伝統業芸をやられている職人の方々が「会津漆器をどうやって売っていくのか」ということを会津若松市とのプロジェクトを行っており、そのお手伝いで呼んで頂きました。

横浜から電車とバスを乗り継いで約5時間で会津若松市に到着です。

会場には職人さんのほか市役所の方や調査会社の方々もいらっしゃって、熱気ムンムン。

「具体的にどうやって売っていくのか」について短い時間でしたがお話させていただきました。

皆様とても熱心で、こちらも何が何でも成功させたいと感じる素敵な会となりました。

会津漆器職人の方々(会場で一次会をしていただいた後で皆ほろ酔いです)

懇親会では一次会、二次会も含めてたくさんお話しし、みんなでたくさんの面白い仕掛けやアイデアが出すことができました。

会津漆器、これからちょっと面白くなりますよ!

今後の事業開発、デザイン、プロモーション、チャネル等、動きに注目しておいてください。

大盛り上がりです。(北国の人がこんなにファンキーとは思いませんでした)

次の日は、急遽いくつかの工房をご案内いただけることになりました。

まず、はじめはガラスに漆を塗るという新しい試みをされている千藤の加藤さんの工房です。

市中から少し離れた山の上の渓谷の横に工房があります。まさにトトロの世界。

ガラスと漆の組み合わせは珍しいですね。涼しげな感じで洒落ています。

ホームページでも作品等が見れますので、見てみてください。
http://www.senfuji.com/

http://www.art.a-vst.jp/sakka/ka/ka/ka.html

古民家を改装して工房にしていますが、面白い農具等がたくさん残っています。

壁には、古来から伝わる日本の薬草と効能の表が張られていました。ハーブと同じ!

柿渋を塗ったカゴもいい感じですよね。

次にお邪魔したのが、木地職人である三浦さんの工房です。

職人の方々は分業体制があり、木を加工する人、漆を塗る人、絵を入れる人とそれぞれ専門があるとのことです。

木は、会津でとれるトチ、クリ、サクラ、ホウ等を用途にあわせて使い分けます。

さて下は、お椀を削っているところ。

刀は何種類も自作して使い分けています。

荒削りした状態で、約1年乾燥させます。それは、乾燥によって木が変形するためです。
下の写真もはじめは真ん丸に削っていたものですが、楕円形になっています。

一方、一年以上長い間置いておいても今度は割れてきたりして材料がダメになってしまうとのことです。
ロスが出る材料ということで、在庫管理も大変ですね。

これだけ大きな木ですが、真ん中は割れやすい等の制約があり、木から取れる部分は非常に少ないのです。
この木が育つ時間や手間ひまを考えると、本当の意味で価値のある贅沢なものと感じます。

三浦さんの作品です。
塗りは、塗り職人さんに基本的には任せますが、ご自身で塗られているものもあります。
質感が良くて重厚でありながら繊細さに品格があります。

ホームページ
http://www.aizu-furusato.com/pfaizu/guide/iimono/html/miura.html

http://www.art.a-vst.jp/sakka/ma/mk3/mk.html

さて次は、塗り職人の儀同さんの工房です。
会津若松のおうちは蔵造りが多く、実は蔵で有名な喜多方よりも数は多いそうです。
中はひんやり涼しく、イタリアの石の家と似ています。中身も非常に美しい漆を使った飾りが多いです。

塗りの仕事場。埃を嫌うため隠して乾燥するための押入れの前で作業します。

漆塗りに使うのは、実は女性の髪の毛で作った筆!
男の髪は平べったい断面だが、女の髪は真ん丸の断面で、それが適しているとのことでした。
驚きました。

このように押入れの中で乾燥させます。
ただ、数十分間の間隔で動かさないと塗料が平均的な厚さにならないということで、中身の固定枠が自動的に動くようになっています。ハイテクですね。

これらは原料の漆の写真。
上が中国産で6万円ぐらい、下が日本産でその6~7倍。しかし、日本の物のほうが明らかに美しく仕上がるとのことです。

これも驚いたのですが、漆は漆の木が15年かかってある程度の大きさになったとき初めて牛乳瓶200ML一本分が採れ、それでその木は終わりで伐採だそうです。ゴムみたいに何度もとれないらしいです。
そりゃ貴重品ですよ!

儀同さんはシチズン時計とコラボレーションで限定の腕時計を作っています。
ワールドビジネスサテライトでも限定300本は即完売とのこと。
http://www.citizen.co.jp/release/05/050727cp.html

http://www.aizu-city.net/waza/aizu/kaiin/gidou/gidou.htm

http://www.kougeishi.jp/kougeishi.php?kougeishi_id=502718

最後にお邪魔したのは、絵付け職人の山内さんの工房です。
細い筆で繊細な図柄を描いていきます。非常に集中力の要る作業です。

トラディショナルな柄から、斬新なデザインまで広がりがあります。

本当に良いものというのは、じっくり丁寧に時間をかけて作られています。
決して派手ではないですが、その手間や想いの一つ一つが作品から漂ってくるものです。

http://homepage3.nifty.com/onnmakie-yamauti/index.htm

http://www.kougei.or.jp/crafts/0506/d0506-5.html

http://www.kougeishi.jp/kougeishi.php?kougeishi_id=504812

今、このあらゆるモノに溢れ返っている日本で、今までのような買って捨ててを繰り返さない、こういったこだわりの一生付き合える本物を探している人が多い時代になってきました。

ここ10年ぐらいで中国製の安い雑貨等が出回り、景気も悪かったので値の張る日本のトラディショナルな伝統品にスポットが浴びない期間がありました。

しかし、家の中を見渡してみると、中国製品に日本のブランド名を印刷しただけのこだわりの少ないモノで、安くて少しおしゃれに見えたから買ったけど、邪魔になってもういらないモノってありますよね。

半年ごとに新しい製品が大量に発売されて、古くなったのが大量にディスカウント販売されて、、、いくら安くてキャッチーでもそういうやり方のモノはもうお腹いっぱいです。

まだ使えるモノも、もういらないけどフリーマーケットに出すまで保管しておく場所はないし、面倒だとついついゴミに捨てちゃう。最初はもったいないと思っていても、どんどん捨ててる営みはそろそろやめたいと思うようになりました。

やっぱり限られた一生、手間ひま心をこめて作られる良いモノと暮らしてみたいです。

そして今、長かったデフレが終わろうとしています。

まさに今が新たな時代の夜明けなのです。

今回ご縁があって、今まで全く知らなかった会津の心、会津漆器に出会うことができました。
その生き方への挑戦に惚れました。

これから、この会津漆器の世界について、知らない人に少しずつでもお伝えしていければと思います。

カッコいいですよ!会津の漆器は。

あと、会津名産の蕎麦や味噌田楽、馬刺しに日本酒とご馳走になりました。

ホントうまかったです!ありがとうございます。

ファンであるサンボマスターも会津出身ですし、もう「会津最高!」

これから会津漆器プロジェクトすごいことにしたいと思います。

好ご期待!

無料ブログはココログ