カテゴリー「③化粧品プロデュース・コンサルティング」の25件の記事

2012年11月 5日 (月)

無料セミナー情報「オーガニック・ナチュラル化粧品 成長する海外市場に比べ伸び悩む日本市場 その理由と対策」

11月21日のビオファジャパン オーガニックEXPOにて、無料セミナーを行うことになりました。
   
オーガニックEXPOの事務局を、2000年の有機JASの施行当初から11年にわたって務められたハインツ.W.クールマン氏と共に、オーガニック・ナチュラル化粧品について、日本市場の抱える問題や、ヨーロッパをはじめとした海外市場との比較、アジア市場の動向、今後の課題などをお話ししようと思います。

http://biofach.jp/ja/seminar2012/seminarlist01.php

今回は限られた時間ですのですべてはお話しできませんが、1月中にはちゃんとした4時間コースの有料セミナーも予定されていますので、そちらもよろしくお願いいたします。


「オーガニック・ナチュラル化粧品 成長する海外市場に比べ伸び悩む日本市場 その理由と対策」
 
講師:ハインツ.W.クールマン   ニュルンベルグメッセ日本代表    
    手島 大輔   株式会社トライフ 代表取締役
   
概要:
海外では伸長を続けるオーガニック・ナチュラル化粧品。一方で日本市場での成長率や市場規模は海外市場に比べ低いものとなっています。 その根本原因を指摘するとともに、ドイツをはじめ他のアジア諸国でのマーケット状況との比較、日本に化粧品のオーガニック認証制度が少ない理由、国内外の市場トレンド、日本市場での売上拡大に向けた海外・国内メーカーや輸入・国内流通業者のあるべき姿、また消費者にとっての賢い製品の選択基準についても紹介します。

Japanese natural and organic cosmetics market struggling against slowdown -- compared with growing overseas markets -- reasons and countermeasures

Heinz W. Kuhlmann, ABC Enterprises Inc.
Daisuke Teshima, Trife Inc.
 
Natural and organic cosmetics have continously increased their shares in overseas markets. However, the market size and the growth rate in Japan have slowed down. This presentation takes a look at the markets in Germany/Europe and some Asian countries and gives several reasons why there are not more certified organic cosmetics in Japan. Furthermore, it shows market trends, the future direction and strategies of both overseas and domestic companies in order to expand their business in the Japanese market and also a quality standard for the products reflecting the expectations and viewpoint of the consumers.


日時:11/21(水)16:20~17:20
  
場所:東京ビッグサイト 東 ビオファジャパン オーガニックEXPO内 セミナールーム


ご興味のある方はぜひお越しください。


無料事前登録フォームはこちらです。
http://biofach.jp/ja/for_visitors.php

2012年7月 4日 (水)

She with Shaplaneer

  
昨日は、「She with Shaplaneer」のプロジェクトメンバーである、1972年設立の日本の国際NGOの先駆け、評議委員も務めさせていただいてます特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会の担当の皆さまと一般社団法人セルザチャレンジの担当メンバーでのミーティングでした。
  
新メンバーも加わり、キックオフを行いました。
 

デビューから約1年。

震災時の2011年春の発売から、2012年になってお取扱店舗や販売数が非常に伸びてきています。

Sheソープはバングラデシュ、ネパールの様々な理由から困窮する日々にあり、売春や過酷な労働につかなくてはならなかった子供を持つ母親たち「SHE」と手と手を合わせて、彼女たちの自立と夢の実現を応援していくブランド。

現地に5000年前から伝わるアーユルヴェーダのレシピで一つずつハンドメイドで作られる、本格的なナチュラルソープです。

HP
http://www.shaplaneer.org/she/index.html
FB
http://www.facebook.com/shewithshaplaneer 

She07033

障がい者支援という枠組みではないですが、生産者の中にはグレーな方もいらっしゃることもあって使命を感じ、セルザチャレンジのプロジェクトとしてお手伝いさせていただいています。

この取り組みを機に、セルザチャレンジの活動のメインテーマであった日本の知的・精神障がい者やその家族の抱える問題の他に、南アジアの発展や援助、最低限の社会保障から取り残された人達の存在を知りました。

自分たちの身の丈のできることで、これからもお手伝いさせていただけたらいいなと思っています。

今年は、ブランドを取りまとめていたディレクターの植田さんのダッカ赴任も決まり、新アイテムの開発やブランドとしての新たな取り組みに一同挑戦していきたいと思います。

2012年5月31日 (木)

朝日新聞夕刊に取材記事が掲載されました

朝日新聞夕刊、ファッション面「オーガニック・ナチュラルコスメ特集「成熟する自然派化粧品」にて取材記事が掲載されました。

Simg_0001
ぜひご覧ください。

http://www.asahi.com/

   
以下、以前からのナチュラル・オーガニックコスメ関連資料をまとめました。

オーガニック・自然化粧品に興味のある方はご覧ください。
    
「オーガニック・自然化粧品市場の現状と展望」(オーガニックEXPO公式ブック2007)

「日本におけるオーガニック・ナチュラル製品マーケティングのポイント」(オーガニックEXPO公式ブック2008
「オーガニック・自然化粧品を取り巻く市場環境」(オーガニックEXPO公式ブック2009
「オーガニック化粧品入門」(オーガニックEXPO公式ブック2010

「オーガニックコスメの時代到来!」(グレース誌)
「オーガニック・自然化粧品の次なるステージは?」WWDビューティー誌)
「新作ナチュラルコスメ完全ガイド」MYLOHAS誌)
「オーガニックをキーワードに探る、次なる可能性とは」WWDビューティー誌)

「今注目の化粧品をさぐる 時代が求めるオーガニック・自然化粧品」(クレアボー誌2008)
「世界自然美容法研究コラム イタリア・ブラジル・ドイツ・インドネシア編」連載(murmur magazine
「ナチュラルコスメ市場の今」(グリーンビューティー誌)
「美容製品を選ぶポイント」TOCOTOCO誌)
「オーガニック化粧品の世界市場動向から突破口を探る」WWDビューティー誌)
「オーガニック手帖・オーガニック化粧品の選び方」(天然生活誌)
「フランボワーズ・オーガニックコスメの紹介」DINOS)
「成長するナチュラル&オーガニック なぜオーガニックだけでは売れなくなったのか?」WWDビューティー誌)
「最新のナチュラル&オーガニックコスメ事情」(クロワッサン ビオ)
「オーガニックヘアケア」VOGUE NIPPON)
「時代が求めるオーガニック・自然化粧品」(クレアボー)

「オーガニック認証の動向とオーガニック・自然化粧品の国際動向」(フレグランスジャーナル)
「オーガニックコスメ」(マガジンワールド)
「脚光を浴びるオーガニックコスメ 市場動向/認証制度を踏まえたマーケティング展開と商品機能性 ~ヒトと地球にやさしい商品開発に向けて~」
(サイエンス&テクノロジー・セミナー)

「オーガニック認証について」(毎日新聞 朝刊)
「オーガニックコスメ、独り勝ちの理由」前編・後編(サイゾーウーマン)
「オーガニックをサロンづくりに活かす」(クレアボー連載)
「オーガニックコスメの今後のトレンドと国産ブランドの作り方」(オーガニックEXPO公式ブック2011)
「オーガニック認定化粧品について」(週刊粧業)
「プロが見る日本のオーガニックコスメ事情」(月刊セラピスト)
「オーガニックビジネスセミナー」(株式会社フジシン)
「ナチュラル・オーガニックコスメ最前線 マーケットトレンドと一歩抜け出す製品開発」(サイエンス&テクノロジー・セミナー)


ブランド

INFINISTORIA
http://www.infinistoria.com/
She with Shaplaneer
http://www.shaplaneer.org/she/index.html
QUON
http://quon-cosme.jp/
ドゥーズィエムクラス ルビエ
http://deuxieme-classe.jp/2e/features/20120328/upcoming.html
more trees organic
http://www.more-trees.org/news/more-trees.html

  

株式会社トライフ  ホームページ
https://sites.google.com/site/trifeinc/
    
最新情報 FB
http://www.facebook.com/teshimad

  

なかのひと
 
 
 


 

2012年5月28日 (月)

more trees organic(モア・トゥリーズ オーガニック)デビュー!

 
「more trees organic(モア・トゥリーズ オーガニック)」の第一弾、フットマッサージオイルとボディオイルが発売されました。

more trees organicは、各地にある「more treesの森」の恵みから作られています。第一弾の2つの商品は、ヒノキの精油やmore treesの森のある町の特産品である柑橘の精油を使ったオイル。メイドインジャパンの高品質のオーガニックコスメアイテムです。
  
商品の売上はmore treesが協定を結ぶ各地の森林保全に役立てられます。
Moretreesorganic_pr0001
フットマッサージオイル 3,990 円 100ml
心もほぐれる森の香り。ヒノキアロマのフットオイルで脚をリフレッシュ 岐阜県加子母と高知県中土佐町のヒノキ精油を用いたオイル。少量でさらりとのびてべたつかない、心地よいテクスチャーです。ヒノキ・ローズマリーが肌をひきしめ、シラカバエキスがハリを与え、アーモンド・ホホバオイルがかかとやひざを乾燥から守り、きめを整えます。むくみが気になる時、立ち仕事の後、スポーツの後、乾燥時などに。

ボディオイル 4,200 円 100ml
心も癒される柑橘の香り。ポンカンアロマのボディオイルで全身をスキンケア。高知県中土佐町のポンカンと柚子の精油を用いたオイルです。少量でさらりとのびてべとつかない心地よいテクスチャーです。柚子・ローズマリーが肌をひきしめ、シラカバエキスがハリを与え、アーモンドオイル・ホホバオイルがツヤあるきめの整った肌に導きます。シャワーの後、ボディーマッサージとして、乾燥時などに。

全国のセレクトショップおよびWebショップにて


more trees(モア・トゥリーズ)とは
文字通り、「もっと木を」という呼びかけで始められた地球規模の森づくりのプロジェクト。坂本龍一氏をはじめ5人の発起人と、その呼びかけに賛同した世界各国の100 人以上の人々によって設立されました。
人工林が危機的状態にある日本国内では間伐を促進し、急速に森林が減少している海外では植林を行っています。
http://www.more-trees.org/index.html

開発に約1年間、多くの皆様の力が合わさりやっと形となりデビューしました。

どうぞよろしくお願い申し上げます!

  
最新情報はFBで
http://www.facebook.com/teshimad
 
 
  

2012年5月 8日 (火)

DEUXIEME CLASSE Le billetデビュー!

   
洗練度の高い大人の女性のためのセレクトショップ、ドゥーズィエム クラスのオリジナルアロマブランド「ドゥーズィエム クラスルビエ」を発売いたしました!

Logo_2
 

~~~
  

ドゥーズィエム クラスのキーワード「旅」にインスパイアされたオリジナルのナチュラルフレグランスシリーズ「ルビエ」がデビューしました。
  

2等列車の意である「ドゥーズィエム クラス」のサブブランド、「ルビエ」とはフランス語で切符やチケットを表します。
  

旅の香りを思い出に・・・テーマにし様々な国に訪れた思い出を香りにしてお届けします。
  

ファーストラインはフランスのコルシカ島で生産。

爽やかな風がなびく島での思い出を香りにしました。
 

ルームフレグランス、ファブリックウォーター、ハンドクリーム、ルームキャンドルなどを洗練された上質なフレグランスアイテムを展開します。

   

イル ド ボーテ・美しき島コルシカでの思い出を
みずみずしさと透明感のある、心に残る香りとともにお楽しみください。
 

~~~

20120414_2309147_3

ドゥーズィエム クラスについて
 

「ドゥーズィエム クラス(DEUXIEME CLASSE)」はベイクルーズグループが展開するレディースセレクトショップであり、そのオリジナルブランド。1995年に東京・青山にオープン。

トラディショナル、クラシック、モダンをキーワードに、上品でおしゃれを楽しみ、遊び心を持った大人の女性をイメージし、ヨーロッパを中心に、世界中から集めてきた上質でハイセンスなアイテムをセレクト。そしてオリジナルブランドは、それらのアイテムに合わせられるような、品質にこだわりベーシックを軸としたアイテムを展開。

2006年、東京・南青山の骨董通りに「アパルトモン ドゥーズィエムクラス(L'Appartment DEUXIEME CLASSE)」がオープン。「フランスのアパルトモン」がコンセプト。トラッド、アメカジ、エスニック、エレガンスをキーワードに集められた独自なラインナップ。

2007年、東京ミッドタウンに「ドゥーズィエム クラス ラリュー(DEUXIEME CLASSE L'allure)」がオープン。上質なものを日常でつかっていく「ラグジュアリー」をテーマに、ウェアに限らず、ライフスタイルすべてに経験を重ねてきた大人の女性をターゲットにしたセレクトショップ。クラシック、トレンドなどのキーワードに加え、モダンさをプラスした品揃えでは、インポートアイテムのほかに、ショップオリジナルブランドのラリュードゥーズィエム クラスも展開。
公式サイトURL: http://deuxieme-classe.jp/
   

Simg_6652_2  
 
ルームキャンドル ¥3,465 / ルームフレグランス ¥3,675 / ファブリックウォーター ¥2,100 / ハンドクリーム ¥1,890
    

青山店 丸の内店 ラリュー六本木店 有楽町店 新宿店 二子玉川店 横浜店 名古屋店 大阪店 神戸店 福岡店 の各店にて
   
Creative/Design:Toshiko Fukuda Planning:Yuko Fujita  AdvertisementCreative:Eriko Kato
   
 
http://deuxieme-classe.jp/2e/lebillet/

http://blog.deuxieme-classe.jp/?eid=1804

http://deuxieme-classe.jp/2e/features/20120328/upcoming.html

http://blog.deuxieme-classe.jp/?eid=1782
http://deuxieme-classe.jp/2e/news/20120420/lebillet.html

 
 
プロデュースに約1年かけ、ブランドコンセプトからネーミング、デザイン、プロダクトなど多くの皆様と力を合わせてやっと一つのブランドとして形となりデビューできました。
   
どうぞよろしくお願い申し上げます!


最新情報はFBで
http://www.facebook.com/teshimad

2011年11月15日 (火)

雑誌セラピスト12月号 プロが見る!日本のオーガニックコスメ事情

雑誌「セラピスト」12月号P33に、の「プロが見る!日本のオーガニックコスメ事情」としてコメントが掲載されています。

S S_2
セラピストは、アロマテラピー、カウンセリングと自然療法の専門誌です。

ご興味のある方は是非ご覧ください。

 
   

週刊粧業 オーガニック化粧品認証について


化粧品業界紙「週刊粧業」11月7日号の「化粧品のオーガニック認証制度特集」にて、コメントを寄せています。

S_3
S_4

週刊粧業は、歴史ある化粧品業界紙です。

ご興味のある方は是非ご覧ください。

 

2011年10月25日 (火)

ビオファジャパン・オーガニックEXPO無料セミナー「オーガニック・ナチュラルコスメ最前線・今後のトレンドと国産ブランドのつくり方」 

来週の111日~3日に東京ビッグサイトで行われる「ビオファジャパン・オーガニックEXPO」にて、無料セミナーを行います。
  
今年は、最近のオーガニックコスメマーケットのトレンドと、今後取り組みの増えていく国産オーガニック化粧品の作りかたのポイントなどをお話ししようと思います。
  
ご興味のある方はぜひ。
  
http://www.biofach.jp/ja/seminar2011/seminarlist02.php
  
日時:112日(水)15:5016:50
場所:東京ビッグサイト 東4ホール セミナールーム
   
「オーガニック・ナチュラルコスメ最前線 今後のトレンドと国産ブランドのつくり方」

講師:手島大輔 株式会社トライフ代表取締役社長/オーガニックEXPO広報担当
   
概要:成熟期を迎えた日本のオーガニック・ナチュラルコスメ市場。世界中からの大小ブランドが参入、同等品が市場にひしめき合う混沌状態となっています。その中でいかに一歩抜け出すブランドになりえるのか、価格競争に巻き込まれない優位性を保てるか。今後のトレンドを示唆しながら、最近取り組みの多くなってた国産オーガニック・ナチュラルコスメブランドの立上げ方などお話しいたします。
  
Front line of organic/natural cosmetics
Future trends and methods of creating domestic brands
Daisuke TeshimaTRIFE
The Japanese organic/natural cosmetics market is reaching maturity. Outline of future trend, launching and promoting domestic organic/natural cosmetics brands.


1028日正午までは、ビオファジャパン・オーガニックEXPOの展示会入場料も、事前登録で無料です。
http://www.biofach.jp/

2011年9月12日 (月)

QUON クオン

9月6日に発売したQUON(クオン)。

今までのオーガニックコスメのフェイスケアでは実現できなかったことへの挑戦から生まれました。

最先端技術による化学的に証明された実感できる抗老化・抗シミ・美白などの美容効果、ラインナップのシンプルさと簡単さ、贅沢な日本そして世界の美のための植物エキスのブレンド、気候や肌質も異なる人のための海外製ではなく日本女性に最適な処方、溶剤も保存料も完全ケミカルフリー、化学製品に劣らない使用感の良さ、一般流通化粧品と同等の日常使いできる価格、、、

Simg_4340_7      

植物の力が凝縮されるワイルドクラフトの大和茶から先端技術で亜臨界水抽出された美白・アンチエイジング成分と、21種の世界中に伝わる美のための植物エキスを配合。
化粧水・乳液・美容液を1本にした、オールインワンセラム
「クオン ビューティーアクチュアライザー」 1.5~2か月分 3,990円(税込)

シーバックソーン(ヒッポファン・サジー)オイル、アルガンオイル、ザクロオイルなどの世界に伝わるアンチエイジングオイルをふんだんに処方した永遠の美のための美容オイル
「クオン エターナルエッセンス」 3,150円(税込)

ローズヒップオイル、グレープシードオイル、カレンデュラエキス、コメヌカオイルなど天然の紫外線ブロック効果やシミ・くすみ防止効果オイルをふんだんに処方した美容オイル
「クオン バイタルエッセンス」 3,150円(税込)


ここにひとつの答えが出せたと思います。


このQUONの、使用感、効果、香り、ビジュアル、ぜひお試しください。表参道のクレヨンハウスなどにて販売中です。
http://www.quon-cosme.jp/

2011年7月14日 (木)

オーガニックビューティーフェアー

本日イタリアのオーガニックブランドのインフィニストリアの仕事で、横浜そごうにてちょっとしたオーガニックコスメについてのお話をいたします。

Organic0001https://www2.sogo-gogo.com/wsc/511/N000040369/0/info_d

お近くの方はよろしければお越しください。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ